オリビア・ニュートン・ジョンのコンサート
昨日は数カ月前から楽しみにしていた「オリビア・ニュートン・ジョン」のコンサートに行って来ました。

会場の渋谷、bunkamura、「オーチャードホール」は妹、R子の家から近いので、
早めに出てまず、妹の家に寄り、ずーーっと会いたかった新入り猫の「ダイちゃん」を抱っこしまくってきました。              
f0012718_9424782.gif


R子の家には元々2匹の雌猫、クロ、とチャチャがいたのですが、昨年そこにマロンちゃんという可愛雌猫が加わったのですが、なかなかお姉さまたちに受け入れてもらえず、寂しい思いをしてきたのです。
f0012718_9482957.gif

ところが、つい最近、R子の娘Nちゃんが渋谷で寒さに震えている猫さんを見つけて連れ帰ったのが雄猫、ダイちゃん。

R子は病院に連れていきエイズ検査などもしてもらい、晴れてダイちゃんは家族の仲間になることが出来ました。
f0012718_9524616.gif


ところが、お姉さま猫達は身体も大きく、態度もでかいダイちゃんが怖く、受け入れることが出来ません。
今は、かつてのマロン状態になっていますが、拾ってくれたNちゃんが大好きで甘えています。
f0012718_9544025.gif

面白いですね~ダイちゃんが来てから、マロンちゃんがお姉さま、クロ、チャチャと仲良くなったのです
(^_^;)
f0012718_9534948.gif

どの猫ちゃんも可愛いので時間の経つのも忘れてしまいます。
詳しくご覧になりたい方は妹のサイトはここをクリックしてみてください。

そうこうしているうちに、妹が美味しい夕食を用意してくれたので、共に頂き、コンサート会場へ向かいました。
会場は40代、50代を中心に3階席まで超満員!
私達は前から10番目の中程、妹は一番いい席をとってくれていました。

f0012718_95931.jpg

オリビアといえば、70年代後半~80年代初頭にかけてスーパーアイドルとして人気を博した歌手です。

杏里が歌った“「オリビアを聴きながら」のオリビア”としてなじみがあるかもしれません。その「オリビアを聴きながら」がリリースされた78年の映画『グリース』でジョン・トラボルタの相手役の主演女優に大抜擢され、「フィジカル」(81年)で全米シングルチャートのNo.1を記録。まさに世界的スターとなりました。

オリビアは、18年前に乳がんを発見。胸部を取り除く手術を受けています。自らつらい体験をした彼女は、現在、乳がんの早期発見の重要さを訴えています。
今回も曲の間で乳癌を克服したことにサラッと触れ、「諦めちゃダメよ!」とにこやかに語りかけ、パワフルに時には軽く踊りながら次々と休憩なしで2時間近く歌ってくれました。


62歳になった今も変わらぬ美しい歌声で聴衆を魅了するオリビア。魅了するのは歌ばかりじゃない、彼女の鍛え抜かれたスレンダーな体型。
アンコール曲を終えた後、観衆は躊躇なく立ち上がり、スタンディングオベイションで「ありがとう!」の気持ちいっぱいの拍手を心から贈りました。

私は感動のあまり何故かジーンと涙がにじんできました。母も大喜び、素敵な「誕生日プレゼント」になりました。
[PR]
by bella8 | 2010-11-26 10:39 | お出かけ


Top
<< 新宿御苑の紅葉 11月30日 母の描いた「姫リンゴ」 >>