青い実、白い実、黒い実・・・皆、美しい!
赤い実ばかりが「実」じゃないよ!

この秋出会った赤以外の実も備忘録として残しておきましょう。

白雲木(ハクウンボク)の実
f0012718_1404924.jpg

もう一枚!
味はエグいとか・・・
f0012718_1441717.jpg

ウツギ(ウノハナ)(空木)の実
名前の由来は幹が中空であることから。
f0012718_14114521.jpg

ウド(独活)の実

まだ、若い実ですが、だんだん黒ずんできます

役にも立たずただデカイだけを表すのに
「ウドの大木」という言葉がありますが、木ではありません。

芽吹いた小さな頃には山菜として利用できるものの、
大きくなると食用にも木材にも適さないことから由来するとか。
f0012718_14265651.jpg

ヤブミョウガ(藪茗荷)の実

葉がミョウガに似ていることから名づけられたようですが、
ショウガ科のミョウガとは違い、ツユクサ科で全く別種です。
夏には小さな白い花を咲かせ、秋には直径が5ミリほどの藍青色の実をつけます。

f0012718_1431264.jpg

ホウチャクソウ(宝鐸草)の実
f0012718_14342694.jpg

コムラサキ(小紫)
f0012718_14422394.jpg

シロミノコムラサキ(白実の小紫)
「コムラサキ」 の白色品種です。
f0012718_1443542.jpg

リョウブ(令法)
f0012718_14495983.jpg

ムラサキシキブ(紫式部)
園芸種のコムラサキに似ているが、こちらは山野などに生える。
実の付き方がややバラバラ。
f0012718_1552244.jpg

[PR]
by bella8 | 2015-11-09 15:10 | 皇居東御苑


Top
<< 晩秋(1) 赤い実が多いのは何故でしょう >>