2013年 07月 03日 ( 1 )


Top
大賀蓮を見て祖母を想う・・・
梅雨がまだ続いていますが、皆様お変わりありませんか?
昔は梅雨はジメジメして嫌いでした。
しかし、厳しい酷暑に耐えられない年齢になったのか、梅雨も悪くない、
好きかもしれない・・・とおもうようになりました。

その理由の1つに、咲いてるお花の色が何とも優しい~~

♥.¸¸.•´¯`»✿

大好きな紫陽花

f0012718_15192434.jpg

うっとりしてしまいます

✿¸.•*¨`*•..¸✿ ✿¸.•*¨`*•..¸✿
f0012718_152265.jpg

いつも歩いている道もアベリアの優しい花で飾られ
結婚式のバージンロードを歩く気分にさせてくれる

♫•*¨*•.¸¸♥ ¸¸.•*¨*•♫*¨*.¸✞ ¸.*¨*•♫♪•*¨*•.¸¸♥ ¸¸.•*¨*•♫♪
f0012718_15380100.jpg

そしてこの時期になると、なぜか無性に会いたくなる花・・・
「太古のハス」として知られる大賀ハス
数日前、近くにあるお寺の池では2,3本しか咲いていなかったのに、
いよいよ見頃になっていました!(^-^)
f0012718_15424781.jpg

童話「桃太郎」に出てくるような大賀蓮の蕾はなんて愛らしいんでしょう!
f0012718_15454050.jpg

カップルで仲良く並んで咲いている花もY
f0012718_15464937.jpg

太古の時代にも、こんなに優雅で美しい花を咲かせて、見る人を魅了していたのですね。
f0012718_1548305.jpg

しかし、花の生命は短くて・・・
咲き終わった花びらは、いつの間にやら自分の葉にソッと身を隠すように落としています。

そういえば・・・
明治生まれの祖母は「蓮の花」のようだったなぁ~

芯は強くても慎ましやかで我慢強く
いつも穏やかで優しかったなぁ~

主人の仕事の関係でシカゴに駐在が決まった時、
一家で大好きだった祖母の所に挨拶に行った。

祖母は私のことが余程心配だったのか、
「Kさん、(夫のこと)、きぬちゃん(私のこと)は気の利かない子ですけど、
やさしい子ですから、どうか、よろしくお願いしますね。
多分、この世ではもうお会い出来ないと思いますから・・・」と言って深々と頭を下げた。

それから3年後、祖母はお風呂から上る前、心筋梗塞で亡くなった。
92歳だった・・・
私はそれを遠いアメリカで知り、号泣した!!!

蓮の花を見ていると・・・
ふと、今は亡き祖母を思い出し、
ポロッと涙がこぼれ落ちた。
f0012718_1558416.jpg

ノラネコちゃんも梅雨の晴れ間、ふと何かを思い出したのでしょうか・・・♫
f0012718_161750100.jpg

そういえば、
もうすぐ七夕ですね~♪
今年は織姫星と彦星が逢えるといいですね!

おばあちゃん子だった私は天にいる祖母に逢いたいなぁ~

f0012718_16232523.jpg

[PR]
by bella8 | 2013-07-03 16:26 | 大賀蓮


Top