<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


Top
クサボタン& etc.
日光植物園で出会った可愛いお花♪

ミソハギ (禊萩)  ミソハギ科 
近所でも見かけるミソハギだけど、日光の山々を背景にすると実に爽やか!

f0012718_22561060.jpg

クサボタン (草牡丹)  キンポウゲ科
これも兼ねてから会いたかったお花です。
嬉しさのあまりフレームを付けちゃいました。(⌒_⌒)
f0012718_2232895.jpg

フレームを変えると同じ花でもイメージが変わりますね。
f0012718_21592973.jpg

あちらこちらに池があります。
f0012718_2343730.jpg

オタカラコウ  キク科
池の周りなどに群生していました。
トンボがそれぞれ確保してマイホームのようにリラックスしているようです。

f0012718_22281553.jpgf0012718_22381270.jpg

川を流れる水の音と蝉の鳴き声が心地良いBGM♪♪
f0012718_2352348.jpg

川の向こう岸になぜかお地蔵さんがずらりと並んでいました。
近くまで寄って見たかったけれど、遠いので諦めました。(;´д` )
f0012718_239760.jpg

(左)ホツツジ  (穂躑躅)  ツツジ科  (右)ツリフネソウ (釣船草)  ツリフネソウ科 

f0012718_23163020.jpgf0012718_23172216.jpg


※ 画像をクリックすると大きくなります。
[PR]
by bella8 | 2007-08-30 23:26 | 日光植物園 | Comments(14)


Top
日光植物園、
日光植物園は広いから、うっかりすると見過ごしてしまうお花もあります。
兼ねてから会いたかったこのお花もそうです。さりげなく木に絡まっていました。

ツルニンジン (蔓人参)  キキョウ科

f0012718_2146871.jpg

風に揺れるススキに秋の足音を感じます。
f0012718_2224681.jpg

フシグロセンノウ (節黒仙翁)  ナデシコ科
あちらこちらに咲いているフシグロセンノウの美しい朱色にハッとさせられます。
赤とんぼがいろいろなお花に止まって休んでいました。
f0012718_21555656.jpg

キレンゲショウマ (黄蓮華升麻)  ユキノシタ科
f0012718_2215619.jpg

今が満開のキレンゲショウマを見ながら持参したおにぎり弁当を頬張りました♪
f0012718_22222130.jpg

夏休み最後の蒸し暑い週末でしたが、
森の中はひんやりとして気持ちがよかった。
f0012718_2231302.jpg

ツリガネニンジン (釣り鐘人参)  キキョウ科
f0012718_2265756.jpg

私の大好きな花、ツリガネニンジンがいっぱい咲いていたのが嬉しかった♪
f0012718_2251558.jpg

園内を流れる田母沢川

f0012718_2224499.jpg

                       To be continued

※画像をクリックするとおおきくなります。
[PR]
by bella8 | 2007-08-28 23:15 | 日光植物園 | Comments(16)


Top
レンゲショウマ
まだまだ暑い日が続きそうですね。
先日、ネット友のぴんぼけさんから、日光植物園のレンゲショウマが見ごろとの情報を頂いたので、夏休み最後の土曜日でしたが電車で行くことにしました。
夕方6時半から食事会の約束があったので、車だと渋滞が心配だったからです。

家から2時間半程で東武日光の駅に到着、そこから
駅前の市内循環バスに乗り、植物園まで12,3分で着きました。

外国人観光客や、家族連れで日光は大賑わいでしたが、
広い、植物園の中は人影もまばらで蝉の鳴き声と川のせせらぎが迎えてくれました。

レンゲショウマは園内のあちらこちらに可愛く咲いています。
この優しいピンクの色が薄暗い森の中ではまるでランプのようです。

レンゲショウマ (蓮華升麻)  キンポウゲ科
f0012718_8474022.jpg

f0012718_846246.jpg

ぼんぼりのような蕾もまだたくさんあったので、来月初め頃まで楽しめるでしょう♪
f0012718_10435688.jpg


日光植物園にはまだまだ素敵なお花がいっぱい!
私は『秘密の花園』に迷い込んだ少女のような気分で歩き回ってきました。

また整理が出来次第アップしますね。
[PR]
by bella8 | 2007-08-27 10:46 | 日光植物園 | Comments(16)


Top
嬉しかった誕生日プレゼント
つい先日、私の誕生秘話をご披露したのですが、四国、高松在住の後輩がはるばる高地、奥大田まで出かけてくださり、私の出生地の写真をたくさん撮って送ってくださいました。

妹夫婦が途中で断念して帰ってきたのは正解だったとのこと。

舗装してない道は狭く、片側断崖絶壁の所もあって大変だったようです。
彼はたまたま、お遊び用に買ったジムニー(軽四の四駆)でオフロードを走ってみたくてウズウズしていた所、私の記事に心動かされたとのことで、たくさんの写真をCDに焼いて贈ってくださいました。 ありがとうございまーーす!\(^▽^)/

f0012718_5163757.jpg

何とも空気の美味しそうな穏やかなところですね。
f0012718_522317.jpg

つり橋
f0012718_52435100.jpg

空襲で焼けた叔父の病院に勤めていた看護婦さんの家がこの奥大田にありました。
今はどうしておられるのでしょう・・・
妹の話によると、もうこの地には住んでおられないとか・・・
f0012718_5292046.jpg

この音女の水の所にあった石ころを、私の出生地のモニュメントとして贈って頂きました。
とても綺麗な石です。

この石を見る時、決して諦めないで私を守り生んでくれた母の深い愛を思うでしょう。
f0012718_5402942.jpg


※画像をクリックすると大きくなります。
[PR]
by bella8 | 2007-08-25 05:43 | ちょっといい話 | Comments(18)


Top
ごちそうさま!♪
昨日は母の所で家庭集会がありました。
私は池袋からすっ飛んで帰り、なんとか2時に間に合いました。ヾ(;´▽`A``

教会には馴染みがない方々も月の第三火曜日には集ってくださいます。
聖書をテキストに牧師夫人が分り易くお話をしてくださるのですが、
共に賛美歌も歌います。中でも、妹の美しい独唱を聞くのも楽しみの一つです。

昨日も午後のひと時、心豊かに過ごすことが出来ました。感謝!(^-^ )

お客様が帰られた後、私は以前から頼まれていた母の用事をやっていました。
その間、妹が冷蔵庫の整理も兼ねて、こんな素敵なお夕食を作ってくれました。

f0012718_18341896.jpg

●ゴーヤチャンプル ● 秋刀魚の煮付け ●モロヘイヤとツルムラサキのお浸し
●焼き茄子の薄味煮 ●カボチャの煮物 ●きんぴらごぼう ●味噌汁
●茄子の鍋シギ(ナスをたくさん頂いたので)

彼女はアレルギー体質なのか、手が酷く荒れてそれが痛いのです。
だから、料理は手にピッタリとした使い捨てゴム手袋をはめての仕事です。

そんな彼女が作ってくれたお料理はどれも本当に美味しく感動しました。
彼女の手荒れが治る良い薬はないものか・・・ご存知の方があれば教えてください。


今日はリハビリに行く母のアッシー君のついでに、市川中央図書館に寄りました。
(本は成る丈増やしたくないので借りれるものは借りて読む主義です。)

丁度お昼時になったので、母と図書館前、ニッケコルトンプラザの中にある
イタリアンレストラン、「AGIO」でランチをしました。
外は猛暑です!中は涼しくパスタも美味しかった♪(o^-^o) ♪

f0012718_18542848.jpg

[PR]
by bella8 | 2007-08-22 19:14 | 日々の出来事 | Comments(16)


Top
市川万葉植物園 8月の花
お盆休みも明け、今日からお仕事という方も多いのではないでしょうか。
相変わらず厳しい残暑が続いています。

しかし、万葉植物園のお花は少しずつ秋の気配を感じさせてくれます。
誰もいない静かなお庭をゆっくり一回りしてきました。

ワタ(綿)  アオイ科
綿の花はフヨウに似ていますね。
咲き終わると綺麗なピンクに染まります。
この実がはじけて中から白い綿が見られます。
次回行ったら見れるでしょうか・・・楽しみです。
f0012718_11372527.jpg

f0012718_11175659.jpg

1.オオバギボウシ  ユリ科
2.ツリガネニンジン  キキョウ科
3.ナンテンハギ  マメ科 
4.メハジキ   シソ科
5.ヘクソカズラ  アカネ科 
6.ジュズダマ イネ科

昆虫たちにも出会えました♪
オミナエシカマキリ
まだ生まれたばかりの赤ちゃんカマキリのようです。
お花から移動するのも恐る恐る・・・目が合いました♪可愛い♪(^-^ )
f0012718_10544312.jpg

キマダラセセリ
この黒豆のような目を見ると、ららちゃんを思い出します。
f0012718_1254585.jpg

アキアカネとニラメッコ!
ヒイラギナンテンについた虫を食べてくれているのね。(^-^ )

f0012718_13522765.jpg


昆虫も植物も酷暑に負けずに頑張ってるねぇ~!
元気を貰って帰ってきました。
この暑さも後少しの辛抱だから、皆様もご自愛くださいね。
[PR]
by bella8 | 2007-08-20 12:26 | 市川万葉植物園 | Comments(22)


Top
愛ある「躾け」
お蔭様で、団子三兄弟順調にスクスク育ってくれています。
お風呂タイムは三兄弟揃ってワイワイ、キャーキャー大騒ぎ♪
なーーーんて仲のいい兄弟でしょう!♪
f0012718_993773.jpg

お兄ちゃんが弟を思いやる優しい気持ちが麗しい兄弟愛を育んでいるのでしょう。

これはママが下の子が生まれる前から上の子達を思いっきり可愛がるからでしょうか。
そして、一緒に赤ちゃん誕生を待ち望むからでしょうか・・・
親の愛をしっかり受けてる子は自然に下の子を愛しいと思えるんですね。

声を荒げたり叩いたりしなくても、キチンと話せば「躾け」は出来るんですよね、愛があれば。

団子三兄弟は毎晩寝る前に親子で神様に祈ります
今日一日、感謝すること、ごめんなさいすること、何でも神様にお話します。
寝る前の歯磨きをしないと気持ちが悪いように、
祈らずに寝ると気持ちが悪いと思える子でいて欲しいというのがバーバの願いです。

f0012718_13472910.gif

帰りの車の中で、チャイルドシートのベルトをセットしてあげる一年生のお兄ちゃん!
f0012718_1552227.jpg

f0012718_1359241.gif

これは、三男坊のお昼寝シーンかと思いますよね。

実は、ビーズで遊んでいて、うっかり机の下にバラバラと落としてしまいました。

「拾いなさい!」とママに言われ、
「(´・д・`)ヤダ 」と答える三男坊。

お兄ちゃんたちがせっせと拾ってあげるのをじっと見ている三男坊。

ママはお兄ちゃんたちに三男坊の片付ける部分を残すように言い渡し、
三男坊には、「拾いなさい!」
三男坊、可愛い声で、「(´・д・`)ヤーダ 」 (第一次反抗期か・・・・)

何回かそんなやり取りをしているうちに疲れて寝てしまいました。
f0012718_911074.jpg

ママはあまりに可愛い寝顔だったので思わずパチリ!
f0012718_9132656.jpg

この後目覚めた三男坊、ブツブツいいながら綺麗に片付けました。(^-^ )
ワガママ坊やにしないために、ママは忍耐強く教育していますね

このチビちゃんが、食前の祈りを廻らない舌で手を合わせてやる時は、
可愛くて可愛くて!もうバーバはたまりませ~~~ん!♪
(ばばバカですみませーーん!(^~^;)ゞ)
[PR]
by bella8 | 2007-08-16 09:39 | | Comments(20)


Top
残暑お見舞い申し上げます
厳しい暑さが続いています。

団子三兄弟の孫たち一家が遊びに来てくれています。
上の二人は朝から海浜公園のプールに行きましたが、

三番目はリンゴ病上がりで、大事をとりお家でお留守番。
ふと気がつくと・・・ららちゃんとお昼寝・・・Zzzzz・・・・・(-д-)o0

暑い夏は大人もお昼寝がいいですね♪ (^-^ )

皆様、どうぞ夏バテしないようご自愛ください。

f0012718_16374425.jpg

[PR]
by bella8 | 2007-08-14 16:38 | | Comments(18)


Top
終戦3日前に生まれて
明日、8月12日は「御巣鷹山日航機墜落の日」ですが私の誕生日でもあります。

二日早く届いたすぐ下の妹からの誕生カードに思わずポロリ・・・
最近、頓に涙もろくなったものです。(ノд-。)

f0012718_1292121.jpg

62年前、広島、長崎と原爆が投下され、敗戦の色濃くなりつつある頃、
母は5年間待ち望んだ初めての赤ちゃんを産むため、危険な大阪を逃れ、
高知で産婦人科医院をしている母の叔父の所に疎開していました。

間の悪いことに、叔父の娘さんもお産のため実家に戻ってきていました。

母の父親も医者でしたが、当時日本の領土であった朝鮮にいましたから
簡単に実家に帰ってお産することは出来なかったのです。

叔父さんの家にしてみれば、さぞかし母は厄介者だったことでしょう。
食糧事情が最悪になっていましたから、母は常にひもじい思いで過ごしていたようです。
その頃の母の気持ちを想像すると涙がこぼれます・・・

f0012718_7175828.jpg


ところが、その叔父さんの病院が空襲に遭い、
母は大きなお腹を抱えて看護婦さんと必死で奥大田という山へ逃げました。

そこの農家の蚤だらけの離れで私は生まれたのです。
栄養失調の小さな小さな赤ちゃんだったそうです。

その3日後、日本は終戦を迎えました。

母を迎えに大阪から駆けつけた父と母の兄は、のぼりを立てて母を捜したそうです。

生まれて日の浅い未熟児の赤ん坊の髪の毛には蚤がいっぱい!
大阪に帰る途中、容赦なくDDTを振り掛けられたそうです。

ぐったりとして、泣く元気もない赤ん坊を見て、誰もが死んでいると思ったとか・・・
f0012718_7314179.jpg

実は、先週ずっと四国旅行をしていた妹夫婦が、高知に行く機会があったので、
私の出生の地、奥大田に行ってみようと、レンタカーを走らせたそうです。

ところが、その名の通り奥大田は大変な山奥で道幅も狭く険しいところ!
近寄ることも出来ず、やむなく引き返してきたそうです。

私は思います・・・
母はどんな気持ちで、そんな暗い山奥まで臨月の身で登って行けたのか・・・
看護婦さんと二人で、どんなにか不安だったに違いないと・・・

妹はカードの中で、こう書いてくれています。

オンタ(私の呼び名)は、生まれなければならないと、神様が決められたのでしょう。

オンタのためにも、

父母のためにも、

夫のためにも、

妹たちのためにも、

親戚のためにも・・・・

いつか、お母さんも一緒に高知へ行こうね!


死んでいても不思議じゃない赤ん坊を生かしてくださった!
その子は小学校6年生で市の健康優良児に選ばれました。 V(^-^)
そして・・・今や3人の孫にも恵まれて・・・

今日まで守られ62回目の誕生日を元気で迎えられることを神様に感謝します。
そして、みんなに、ありがとう!って感謝します!
f0012718_6375964.jpg

ららちゃんも見守ってくれているよね~
ありがとう! (・_・、)

最後に、お母さん、私や優しい妹たちを生んでくれて本当にありがとう!

※ 85歳の母が描いた鳥です。上;コサメビタキ 下:ルリビタキ
[PR]
by bella8 | 2007-08-11 00:28 | ちょっといい話 | Comments(26)


Top
頑張れ!朝青龍!
連日マスコミを賑わしている朝青龍のニュース。皆様はどう思われますか?

7月23日腰の骨の疲労骨折治療のためにモンゴルに帰国したはずの朝青龍、
モンゴルサッカー協会主催のサッカーイベントで中田英寿と共に素晴しい動きと笑顔で興じている姿を日本で放映されたから大変!

地方巡業を休んで何事ぞ!と相撲協会の逆鱗に触れた!
7月30日に帰国し高砂親方と共に謝罪。
7月31日には、在日モンゴル大使館も謝罪する手紙を日本相撲協会に送った。

それにもかかわらず相撲協会の怒りは収まらず、
九月場所・十一月場所への出場停止、4ヶ月の減俸を言い渡した。
おまけに、病院に出かける以外の外出もまかりならんとの厳しい謹慎処分。

ケイトウ (鶏頭)  ヒユ科 
f0012718_751475.jpg

朝青龍はかねがね態度がふてぶてしいとか、横綱の品格に欠けるとかと批判され、
大鵬のような人気横綱とは反対の憎まれ横綱として君臨していた感がある。

しかし、15歳で明徳義塾に相撲留学で来日し、17歳で角界入り、
とんとん拍子に出世して、21歳で横綱に昇進。
その後輝かしい記録を更新し続けている朝青龍!

強くなりたい!強いのが一番!強ければ文句は言われない!
持ち前の負けん気の強さで今日まで頑張ってきたのでしょう。

ゆったりとして、心も体も大きく日本人が特に望む他人に対する思いやりといったような横綱としての風格や品格を磨く余裕は彼にはなかったのかもしれない。
いつまでたっても、やんちゃ坊主ががむしゃらに相撲を取っている感じが拭えない。

ホウセンカ (鳳仙花)  ツリフネソウ科

f0012718_842924.jpg

今回の騒動も、大好きな中田 英寿とサッカーが出来るのが嬉しかったに違いない。
あの屈託のない少年のような笑顔がすべてを物語っている。

横綱といってもまだ26歳の若者、厳しいしきたりの相撲界から解放されたいこともあるでしょう。年6場所は結構キツイと思うし、その上の巡業だからねぇ~

今回の処分で朝青龍は相当落ち込んで口も利かなくなっているとか・・・
きっと張り詰めてきた相撲人生の糸がプツンと切れてしまったのかもしれない。

朝青龍頑張れ!
あなたのいない場所は灯が消えたみたいです!


あなたはモンゴルからの留学生に奨学金を出してるし、
モンゴルの子供たちの希望の星です!

こんなことでへこたれないで、颯爽とした姿で、新場所、国技館に戻ってきてください!
そんな朝青龍を相撲ファンならずとも、多くの日本人が両手を広げて待っていますよ!
そこで初めて名実共に歴史に残る大横綱として讃えられるでしょう!

朝青龍ガンバレ! 待ってるよ~~!
[PR]
by bella8 | 2007-08-09 08:06 | 日々の出来事 | Comments(6)


Top