<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


Top
「88歳でもツイッター初めてもいいかな?」
今話題のツイッター、鳩山首相もすなるツイッター!
「ツイッターとは何ぞや?」とお思いの方もあるでしょう。
英語でtwitterとは元々小鳥がチッチと囀ることをいいます。

Twitter Button from twitbuttons.com

かつて歌手の雪村 いづみさんが盛んに歌っていた「青いカナリア」の歌詞に出てくる、
Blue blue blue canary               
Tweet tweet tweet the whole day long 060.gif
のtweetもチッチと小鳥が囀るという意味ですね。

そこから、ちょこちょこっとお喋りすることをツイッターという意味になったのですね。
今や世界中あっちでもこっちでもツイッターするようになりました。

元々このブログのプロバイダーであるエキサイトにも数年前から「つぶろぐ」なる機能が設置されていましたが、
矢張りエキサイトブログ以外の人は書き込めないとあって、イマイチかなぁ~と思っていました。

f0012718_831514.jpg
 
つい1週間程前、PC教室の生徒さんからツイッターのことを聞かれ、
ブログもあるし、特につぶやくこともないな~と思いつつ、私も試しに初めて見ることにしました。

すると、私のアドレス帳に登録されている人で既にツイッターを始めている人が 「フォロー中」(お友達リストのようなもの)のリストにズラリ登場してきてビックリ!(^_^;)
懐かしい方のお名前にまじって息子や甥っ子の名前までも登場!と同時に、
最近、彼らの「ちょっこりお喋り」tweetがズラリ並んで2度ビックリ!w(@。@;)w オウ~

140字以内の短文なので読みやすいのと、携帯から簡単に写真もコメントも投稿できる手軽さ・・
返信機能も付いていますが、元々返事を期待して投稿しているわけでもないのでとてもお気軽です。

皆さんの消息が分かり俄然楽しくなってきました!
本名や顔写真も公開しているので、いたずら書きする人は少ないのではないでしょうか。
勿論、不愉快な人はこちらから勝手にブロック出来るのもいいところです。

f0012718_8172771.jpg

そんな話をそれこそ、ポロリと88歳の母に話したら、「私も是非やりたい!」ときた!(*_*)

彼女は以前からお気に入りのブログにはコメントを投稿するし、
このブログにもしばしばコメントを残してくれ、励まされてはいるのですが、
いよいよツイッターデビューすることになりました!

毎朝、お友達と聖書を1章ずつスカイプで交読を何年も続けている母!052.gif
これから、ツイッターでどんなtweetをしてくれるのでしょう。楽しみでもあり、ちょっと不安でもあり・・

しかし・・・待てよ、これは独居老人に拘わらず、一人暮らしの人の安否確認にも繋がるかも・・・
何はともあれ、88歳のばあちゃん、「ツイッター始めてもいいかな?」「いいとも!」\(*^ ^*)/

早速、娘や孫達をお友達リストに加え、加藤登紀子さんや鳩山さんのフォローもするようですよ。
人生長生きすると楽しいこともいっぱい経験できていいですね!
お母さん!楽しみながら続けてくださいね!

※今日の写真は小鳥の囀りかけて小鳥を出したかったのですが、
先日、自然教育園の帰りにほんのチョッピリ立ち寄った皇居のコブハクチョウ、こぶちゃんとスワンさんです。
[PR]
by bella8 | 2010-01-30 08:47 | ちょっといい話


Top
自然教育園 (2010年1月26日)
昨日は日射しはあったのですが北風が冷たく、手袋、マフラーは勿論のこと、
ふわふわのイヤーパフまでつけて早朝、池袋のお教室に向かいました。

午後は少し暖かくなったので、久し振り目黒の自然教育園に寄って見ることにしました。
偶然、お友達のnatocoさんもカメラを持って来られたとかで、これ幸いご一緒することにしました。

大好きな雪割一華(ユキワリイチゲ)の群生を楽しみに出かけたのですが、見つけたのはたったの一輪だけでした。
f0012718_6442191.jpg

この冬枯れの時期、折しもメンテナンスの大きなクレーン車が目的の地周辺に入って立ち入り禁止状態!
残念でした(×_×;)

f0012718_6503678.jpg

それでもあちらこちら寒い中、福寿草が可愛くお顔を覗かせて私たちを出迎えてくれました!♪
ご一緒したお友達も大喜び!矢張り喜びを分かち合える友と一緒に散策するのもいいものですね。

f0012718_6533180.jpg


この池の周りはポカポカと暖かく、小さい子供を連れた親子連れの姿も多く見かけました。
私たちもこの陽だまりで、朝、急いで詰めてきたお弁当を頂くことにしました。

f0012718_7215463.jpg


●切干大根と油揚げの煮物(太めの切干大根が気にいっています)
●金時豆(ちょっと煮過ぎてしまったかな?)
●小松菜のおしたし
●サンマのピリ辛煮
●卵焼き
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ご飯(高松に住む放送部の後輩が作った貴重なお米)
●塩昆布(大阪の友人が送ってくれた神宗の塩昆布)
●梅干し(紀州のもの)
●いかなご(前日デパ地下で買った)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
デザートは前日送って頂いた「さくらももいちご」と「せとか」 (友人にも「美味しね!」って喜んで頂けました)
f0012718_74936.jpg

いつもならサッサと食べて終わりですが、冬景色を楽しみながらゆっくりとランチタイムを過ごしました。
ウグイスカグラがポツポツ咲き始めていました。
f0012718_7321930.jpg

お花は少なくてもこんな美しい実を見ることができました。

ヤブコウジ
f0012718_7374134.jpg

アオキ
f0012718_7381059.jpg

南北線、飯田橋の駅で友人と別れました。
さてと・・・母の日本画教室にお迎えまではまだ少し時間がある。
どうしようかなぁ・・・・


[PR]
by bella8 | 2010-01-27 07:40 | 自然教育園


Top
懐かしい友と美味しいもの
「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ 」 

服部嵐雪の俳句にあるように、梅の花が一輪また一輪と咲くにつれて暖かさが増してくるように思われます。
f0012718_17344138.jpg

四国の方から今朝、今迄食べたこともないような美味しい果物が送られてきました。
徳島県佐那河内村で生産された「さくらももいちご」は一粒が大きい!そして、とてもとても甘くて美味しい!

せとか」は柑橘類好きの人にはたまらないジューシーな味わいのデッカイ、オレンジです。
日本には美味しい果物が沢山あるのですね~八朔オレンジでも十分満足できる私ですから、
こんな高級な果物は勿体なくて・・・と言いつつ、とても嬉しい贈り物です!感謝します。

f0012718_17515036.jpg


美味しいと言えば、先日、大学放送部のミニ同窓会が新宿中村屋3階のレストランでありました。
今回はカレーコースのパーティーメニューで夕方5時から7人集まって楽しかったこと!

中村屋のカレーは時々食べたくなります。
f0012718_1894686.jpg

軍鶏のインドカリー、本格的なインドカリー。契約農家で特別飼育した「川俣シャモ」、
             淡路島及び丹後産の玉ねぎなど、素材を厳選。
             スパイシーな辛さ。

軍鶏のコールマンカリー
、トマトと自家製のヨーグルトが醸し出す、リッチな味わい。マイルドな辛さ。

スパイシー牡蠣カリー、 宮城県奥松島浜市より毎日直送されるフレッシュな
                カキを使用したココナッツ風味の辛口カリー。

ナブラタンカリー、10数種類の野菜を植物油100%と野菜ブイヨン
            100%で仕上げたベンガル風野菜カリー

全種類を皆で取り分けて頂きました。
私が特に気に入ったのは、軍鶏のコールマンカリー、ナブラタンカリーとスパイシー牡蠣カリーだったかな。

前菜も皆美味しく頂きました。
f0012718_1810945.jpg

デザートもシェフの心がこもっています。
f0012718_18111016.jpg

美味しい中村屋特性のワインなど、何でも飲み放題で、お腹一杯!大いに話が盛り上がりましたが、
まだ別れ難く、5階に移ってまた楽しいお喋りに花が咲きました。
学生時代の友達って大切な宝物のようですね。
また元気で会えることを願い「蛍の光」の曲が流れる中お別れしました。

因みにこの日はパソコン教室の前、お昼も教会のカレーを頂き、カレーオンパレードの華麗なる一日でした!(笑)


[PR]
by bella8 | 2010-01-25 18:27 | 日々の出来事


Top
「~サラリーマンコレクター30年の軌跡~ 山本冬彦コレクション展」
先週は何かと忙しくブログ更新もままなりませんでしたが、是非お知らせしたかったのが、21日に観に行った展覧会のことです。「~サラリーマンコレクター30年の軌跡~ 山本冬彦コレクション展」は実に素晴らしかった!
山本 冬彦さんとはまだ直接お目にかかったことはないのですが、PremiumAge(プレミアムエイジ)という団塊の世代が中心となって展開する素敵なサイトの「ジョインブログ執筆者」のお一人です。
お誘いを頂き、私のような者までそこに名前を連ねさせて頂いている関係で今回の展覧会を知りました。

著名な作家の作品ばかりでなく、世間に名が知られていない作家の作品も含め160点は見応えがありました。
好きな作品もたくさんあって、リストにチェックを入れ、何度かエレベーターを上がったり降りたりしながら、
作品の前に戻り楽しませて頂きました。素晴らしい時をありがとうございました。

2月21日までやっていますから、是非お出かけになって見てください。(月曜は休館)

f0012718_750438.jpg

サラリーマンが美術作品をコレクションするなどなかなかできることではありません。
 山本冬彦さんは30年間で約1300点の作品を蒐集してきました。しかし、特筆すべきはコレクター歴や購入点数だけではありません。自らを「アートのソムリエ」と称し、画廊の巡り方や美術品購入のアドバイス、美術をより身近なものにするための普及活動を精力的に行い、一般の方々への美術愛好の扉を開いてきました。
 また、若い作家たちへは作品を購入することが最高の支援という考えのもと作家の育成にも尽力することを「個人メセナ」活動として実践して来ました。
 佐藤美術館も美大の学生に奨学金を支給したり若い作家のサポートを目的とし約20年活動をしてきましたので、山本さんとの活動の接点も多く、ある意味同士のような存在と言っても過言ではありません。
 本展は、山本冬彦氏がその時代その時代の目線でコレクションした作品のなかから厳選した160点の作品により単なる蒐集を超えた活動を感じ、ひいては美術の魅力の発見に繋げていただこうとするものです。
 今回の特色はコレクターとして同世代(前後10歳)の作家を中心に購入してきた「コレクターの眼」と、若い社会人にお薦めの若手作家紹介のために購入してきた「アートソムリエの眼」の二つの視点から展示構成をします。
 近年、コレクターが主役の展覧会が美術館でも画廊でも数多く開催されています。しかしその多くは今流行の狭義の「現代美術」が中心であるような気がしてなりません。山本さんは日本画・油彩・版画などジャンルを問わず現在活躍している同時代の作家をすべて広義の「現代美術」と捉え幅広い作品を蒐集してきました。
 一人のサラリーマンが等身大の目線で蒐集してきた作品に触れて頂くことにより一人でも多くの方々が自分の好みに従って幅広くアートを楽しみ、身近に感じてもらえるならこれほど素晴らしいことはないと私たちは思うのです。



▼出品概要・展示構成

3階
コレクターの眼:コレクターの目線で購入した同世代の作家の作品を展示します。


4階
アートソムリエの眼:若いコレクターへのお薦めと若手作家へサポートの意味も込めて購入した作品を展示します。


5階
大作や屏風などちょっと違ったアート作品の楽しみ方を知ってもらうための作品を展示します。



▼出品作家名

青山亘幹 浅井冴子 麻生志保 アダムブース 阿部清子 荒川靖彦 石居麻耶 石踊紘一 石踊達哉 伊藤彬 伊藤哲 岩崎絵里 岩田壮平 岩田俊彦 内田あぐり 卯野夏子 榎俊幸 海老洋 蛯子真理央 大河原愛 大沢拓也 大谷有花 大矢雅章 大薮雅孝 岡村桂三郎 岡本啓 小木曽誠 荻原季美子 小田さゆり 尾長良範 柏本龍太 片岡渡 加藤隆之 加藤ゆわ 門倉直子 金井訓志 瓜南直子 兼未希恵 金子朋樹 柄澤齋 河内成幸 河嶋淳司 川瀬伊人 菅亮平 岸田淳平 北田克己 城戸悠巳子 久野和洋 小嶋悠司 小林英且 齋正機 斉藤典彦 斎藤裕紀 寒河江智果 坂本友由 七戸優 四宮義俊 集治千晶 杉田陽平 諏訪敦 高松和樹 滝沢具幸 龍口経太 田端麻子 田村香織 田村能里子 智内兄助 鶴川勝一 富田菜摘 冨長敦也 内藤瑶子 長沢明 原崇浩 東園基昭 樋口佳絵 開光市 平澤重信 平田達哉 広田稔 藤井勘 藤井蓮 舟越桂 舟田潤子 舟山一男 堀込幸枝 前田昌良 前本利彦 マコトフジムラ 増田直人 松崎和実 丸山勉 三島祥 ミズテツオ 三瀬夏之介 溝部聡 宮いつき 毛利太祐 本木ひかり 森田洋美 森本秀樹 森山知己 安岡亜蘭 安田悠 山口啓介 山崎佳代 山崎龍一 山中現 山本麻友香 吉岡順一 吉岡正人 渡辺香奈 渡部満 わたなべゆう 綿引明浩 (五十音順・敬称略)



▼概 要

展覧会名:
~サラリーマンコレクター30年の軌跡~ 山本冬彦コレクション展

会  期:
平成22年1月14日(木)~2月21日(日)

開館時間:
午前10時~午後5時 金曜日~午後7時(入館は閉館の15分前まで)

休館日:
月曜日

会  場:
佐藤美術館(3階展示室・4階展示室・5階多目的スペース)

主  催:
財団法人佐藤国際文化育英財団
日本経済新聞社

協  賛:
アーティクル

協  力:
金澤アートイベントカレンダーイコール
放送大学
株式会社筑摩書房
団塊サイト・Premium Age
世界文藝社
office if

入場料:
一般:500円 学生:300円


▼イベント1
1月16日(土)13:30~
「山本冬彦と巡る銀座ギャラリーツアー・著書サイン会」
当館でのギャラリートーク終了後、山本さんの案内で銀座界隈の画廊を巡ります。
ギャラリートークの定員は100名 銀座ギャラリーツアーの定員は15名(当日整理券を先着順に配付します)


▼イベント2
1月24日(日)15:00~ 定員100名
トークショーゲスト:諏訪敦・三瀬夏之介
「コレクターと作家の出会い」
現在最も注目されている作家をゲストに迎え山本さんとともにコレクターと作家の関係についてお話しいただきます。



▼イベント3
2月7日(日)15:00~ 定員100名
トークショーゲスト:岩田壮平・大矢雅章・菅亮平
「コレクターと若手作家について」
若手作家支援とは?若手作家が同世代のコレクターを捜すにはどうしたら良いのでしょうか?山本さんと三人の若い作家のさまざまな思いをお話しいただきます。


▼イベント4
2月11日(木・祝)15:00~ 定員100名
トークショーゲスト:木村悦雄、澤登丈夫、御子柴大三
「蒐集の哲学について」
個性的なサラリーマンコレクター3名を交えてコレクションのきっかけや愉しみについてお話しいただきます。


*イベントの参加には展覧会の入場料が必要です。


チケット割引券はこちらから


[PR]
by bella8 | 2010-01-24 08:17 | ちょっといい話


Top
春が来たような暖かい午後でした
今朝、お花にお水をあげる時はまだ寒かった。
今年もはんなり、優しい色のユキワリソウが律義に咲いてくれました。
f0012718_18331786.jpg

水仙三姉妹が「おはよう!」と元気にご挨拶♪
f0012718_1955269.jpg

真っ先に春を告げるオオイヌノフグリもポツポツと咲きだしました!
f0012718_2021737.jpg

昨日まであんなに寒かったのに、急にがやって来たようです!\(^O^)/
ポカポカ陽気に誘われ、土手に向かって散策に飛びだしました!

水鳥たちも気持ちがいいのか陸に上がってマッタリしていました。

カルガモ

f0012718_20515934.jpg

f0012718_20521553.jpg

f0012718_20523385.jpg


子供のヒドリガモかな?ちっちゃーい!かわいい~~♪
f0012718_20574133.jpg

猫ちゃんも日向ぼっこに出ていました。
リード猫「研ちゃん」
f0012718_2181525.jpg

帰りは「研ちゃん」はお家に入って、妹の「尚子ちゃん」が日向ぼっこしていました。
f0012718_21122790.jpg

こちらの暖かさは2,3日続くそうです。ちょっと嬉しいかな!(^-^)
ただ、スキーに行く方は雪崩に注意なさってくださいね。
[PR]
by bella8 | 2010-01-18 21:25 | 四季の花


Top
大学入試センター試験
今日、こちらは寒い一日でした。
大学入試センター試験が、16日から2日間の日程で、全国の725の試験会場で始まりました。
2010年のセンター試験志願者数は、2009年よりおよそ9,400人増え、55万3,368人。
現役生全体で見ると、センター試験を志願する人の割合は41%と、過去最高だという。

私がジムに通う浦安の明海大学も試験会場の一つでした。
かなり強い風が吹いていたので、「試験会場」の立て看板は紐で固定されていました。

f0012718_19542240.jpg

広-いスタジオは地下二階にあるのですが、今日は大切な受験生に対する音や振動の影響を配慮し
大好きなエアロビクスやボクシングの動きを取り入れたマーシャルアーツのクラスは休講になりました。
その代わりに「ストレッチ」や「パワーヨガ」のコースを受けてきました。

このビルの中で受験生達は頑張っているのです!
f0012718_2063269.jpg

大学キャンパスのすぐ傍に5つ星ホテル☆☆☆☆☆ホテルエミオン東京ベイがそびえ立っています。
f0012718_2018473.jpg

いつもお世話になっている広い駐車場から見た近くのマンション群
f0012718_2029430.jpg

大学キャンパス内はどこもかしこも静まり返っていました。

f0012718_20513663.jpg

今日は午前、9:30~10:30 公民、 11:15~12:15 地理、歴史、 
    午後、13:30~14:50 国語、15:35~16:55 英語、17:35~18:35 リスニング

問題と解答はこのサイトで見ることが出来ます。
受験生の皆さま、お疲れ様!明日も頑張って下さいね。
[PR]
by bella8 | 2010-01-16 20:55 | 日々の出来事


Top
生きる喜びと世界の平和展
関西在住のお友達Sさんからこんな素敵な童話、「ノンニとマンニの不思議な冒険」を送って頂きました。
とても感動的なお話で早速、孫達に送ってあげようと思います。

アイスランドを愛し、造詣が深いSさんは、「ノンニとマンニの不思議な冒険」の訳者とも親交がおありです。

ヨーン・スウェンソン(愛称ノンニ、イエズス会神父)は、
昭和12年(1937年)、80歳で来日。「第ニのアンデルセン」として話題になった。
1年間上智大学に滞在、日本各地で講演。
日本をこよなく愛し、欧州に日本を紹介した。
「ノンニとマンニの不思議な冒険」など40ケ国語に翻訳され、
世界中で6百万部愛読された。わが国でも15冊の翻訳がある。
f0012718_14355996.jpg


※1月16日まで展示会、朗読会が開かれています。興味がおありの方は是非お出かけください。
生きる喜びと世界の平和展
f0012718_14462964.jpg

■日 時:
【展示会】
•2010年1月11日(月,祝)~17日(日)10:00~17:00


【朗読会】『ノンニとマンニのふしぎな冒険』 語り:茨木啓子
•1月11日(月,祝)14:00~15:00
•1月17日(日)11:00~12:00、14:00~15:00


■会場:神奈川県立地球市民かながわプラザ 3階・企画展示室
     (JR根岸線「本郷台」駅改札出て左手すぐ)
     横浜市栄区小菅ヶ谷1-2-1
■定 員:朗読会は先着30名
■申 込:事前申し込み不要
■参加費:無料
■問合せ:
(内容について)自然環境と人間生活を考える会(わたなべ)
TEL:090-4710-3790
(会場について)あーすぷらざ
TEL:045-896-2121
○主催:NPO自然環境と人間生活を考える会
○共催:(財)かながわ国際交流財団、ノンニ博物館(アイスランド・アークレイリ)
○後援:神奈川県教育委員会、在日アイスランド大使館、日本アイスランド学会、(財)日独協会
○助成:国立青少年教育振興機構・子どもゆめ基金助成活動



[PR]
by bella8 | 2010-01-13 14:47 | ちょっといい話


Top
浦安、明海地区
浦安にはスポーツクラブに週のうち、3,4日通っていますが、あまり近所を散策することはありませんでした。
昨日は少し日の入りも遅くなったのか、クラブから出てくるとまだ明るかったので、近くの海岸沿いを少し歩いてみました。

パーム&ファウンテンテラスホテル
f0012718_891585.jpg

浦安と言えばTDL(東京ディズニーランド)近くにはお洒落なリゾートホテルがいくつもあります。
f0012718_8115884.jpg

ホテルのお客さん達はまだディズニーランドにおられるのでしょう、静まり返っていました。
f0012718_8163626.jpg

河岸沿いをジョギングする人を多く見かけます。
向こうに幕張海岸も海ほたるも見渡せます。
f0012718_8224679.jpg

夕陽が大分傾いてきました。遠くに羽田、川崎の海岸も見渡せます。
湯冷めしそうになったので、早々に引き揚げ、帰って来ました。

f0012718_8251850.jpg



[PR]
by bella8 | 2010-01-10 08:37


Top
中山法華経寺
昨日は銀行に行く用事があったのとポカポカ陽気に誘われて、中山法華経寺までお散歩してきました。
私はクリスチャンなので神社仏閣にお参りに行くという習慣はないのですが、寺町独特の雰囲気はどこか落ち着くし、お馴染みの陶器屋さん雑貨屋さんを覗くのが好きで時々散歩がてらに訪れます。

途中満開の素心蝋梅(ソシンロウバイ)に目を奪われました。
f0012718_715054.jpg

花の少ない時期に何とも清々しく青空に映えていました。間もなく葉っぱは全て落ちてしまいます。
f0012718_7164042.jpg

なだらかな坂を上がり、つきあたりが中山法華経寺です。
あれっ!?なんか以前と雰囲気が違うと思ったら・・・
クモの巣のように張り巡らされていた電線が全て地下に埋まってスッキリしていました!\(^▽^@)/
f0012718_7305461.jpg

お正月三が日は参拝客で溢れかえっていたであろう本殿も、人影がまばらでした。
f0012718_7391552.jpg

日蓮宗大本山中山法華経寺の長い参道の脇には子院が立ち並んでいます。
このお寺さんでは願いを込めて、木に「おみくじ」を結んでもいいみたいですね。
カラフルなおみくじはお花が咲いたようでした。
f0012718_7402578.jpg

五重塔の修復も完成していました。桜の時期に是非また来なくっちゃ!
f0012718_7471440.jpg

この大太鼓はいつ打たれるのでしょうか・・・
f0012718_7475695.jpg

聖教殿
f0012718_7495937.jpg

この建築物の前にこんな立て看板がありました。
f0012718_7535495.jpg

これはツリバナでしょうか?オブジェのようにひっそりと咲き残っていました。
f0012718_7585986.jpg

帰り道、こんな銭湯も見かけました。ほっこり懐かしい気分になりますね。
f0012718_825491.jpg

中山法華経寺は次なる大イベント「節分」には、多くの著名人や参拝客で賑わうことでしょう。
[PR]
by bella8 | 2010-01-09 08:05 | お散歩コースの花


Top
「七草粥」
昨日は「七草粥」の日でした。早朝、母から電話があり、「七草粥を作ったから、いつでも食べにいらっしゃい」とのお誘い!♪

正月に疲れた胃袋を整えるために食べる七草粥。
(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、すずな、すずしろ、ほとけのざ)この春の七草を使った粥が正式の七草粥です。
今回母は小松菜を使って作ってくれました。とても美味しかったです♪\(^O^)/
中央の小鉢に盛りつけてあるのは母ご自慢の「ゴーヤサラダ」です。
中にアボガド、セロリー、きゅうり、大葉、ミョウガなどいろいろな野菜も入り、シャキシャキとして実に美味しい。

f0012718_8504626.jpg

母の作った黒豆は絶品です!
今年も芥子レンコンを作ってくれました。
こんな素朴な朝食ですが、心から感謝して頂きました。
来年もこんな美味しい「七草粥」が頂けますように・・・

朝食後、一緒に今年第一回目の教会「祈祷会」に出かけました。
牧師夫人と語らう母
f0012718_931234.jpg

楽しいお弁当ランチを挟んで、午後はパソコン教室。
その後、母は美容院、私はジムへ・・・盛りだくさん、実り多い一日でした!
f0012718_9151335.jpg

今朝の水仙
[PR]
by bella8 | 2010-01-08 09:15 | 日々の出来事


Top