<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


Top
「はとバスツアー」は至れり尽くせり
昨日は早起きして新宿に7時半到着!
シニアパソコンのお仲間27人と「はとバスツアー」で山梨県の昇仙峡まで行ってきました。

もう気分はすっかり遠足気分♪ 
バスに乗るなり、お菓子や果物があちらこちらから回ってきます♪

バスガイドさんからは一人一人に紙コップ入りの熱いお茶とミニどら焼きが配られたり・・・

お天気も上々!楽しい旅の始まりです。

f0012718_1134276.jpg

最初の目的地、山梨県の「浅間園」でぶどう狩りしながら甘くて美味しいぶどうを沢山頂きました。
f0012718_1212953.jpg

ハサミと食べた葡萄の皮を入れるお皿が配られました。
見るからに美味しそうな葡萄です。
f0012718_127365.jpg

どの葡萄もホントに甘くて美味しいのですが、
あまり近所のスーパーで見かけないこの葡萄をお土産にカゴ一杯買って帰ることにしました。
それでも、あまりに値段が安いのにビックリ!ついでに干しぶどうも買っちゃいました。
f0012718_1244520.jpg

バスツアーは何かと便利ですね。
買ったお土産の袋に番号札をつけて、帰るまでこうして預かって下さいます。
引換の番号札を失くさないようにポケットにしまってと・・・

次に向かうのはランチビュッフェを頂く、甲府富士屋ホテルです♪

f0012718_12165087.jpg

富士屋ホテルご自慢の「カレー」は勿論、美味しい「ほうとう汁」、中華あり、フレンチあり、サンドイッチに
サラダバー、デザート選り取り見取りで、少しずついろいろ楽しませて頂きました♪ また、お腹いっぱい!
f0012718_12273552.jpg

食事の時間はたっぷりあって、食後はホテルの売店をブラブラ歩き。
また、ちょっと素敵なブティックがあって、つい、マフラーを買ってしまいました。冬が楽しみ♪
バスに戻ったら、隣に座っているMさんも素敵なマフラーをゲット!(笑)

こうして、さり気なくバスツアー客に消費活動推進のお膳立てがされているのでしょうね。

さぁて、いよいよメインイベント、昇仙峡に向かいます。
昇仙峡は、富士川の支流、荒川上流に位置する渓谷で、
正式名称は「御岳昇仙峡(みたけしょうせんきょう)」といいます。

全長5kmにわたる渓谷は花崗岩を深く侵食して形成されたもので、
いたるところに奇岩・奇石を見ることができます。バスの窓からも見えてきました。

f0012718_13351547.jpg


これが有名な覚円峰(かくえんぽう)です。
覚円峰は昇仙峡の主峰で、その名は僧侶覚円が頂上で修行した事に由来するとか。
f0012718_13355080.jpg

バスは「ほうとう会館」の前まで登ってくれます。
そこからは各自好きなコースに分かれて
ハイキングしたり、ロープウェイで弥三郎岳まで昇ったり・・・
このような地図が配られました。
私は高いところが好きなので、ロープウェイで紅葉とパノラマ風景を楽しむことにしました、
f0012718_13554474.jpg

大正解!まだ紅葉には早いと思われましたが、ここまで来るとヤッター!!
実に見事!綺麗です!
f0012718_1422999.jpg

頂上、八雲神社にあるモミジの美しかったこと!
f0012718_1412373.jpg

暫く、頂上を散策。
f0012718_14273223.jpg

ふと下を見ると雪を覆ったような真っ白な砂にビックリ!
f0012718_14241370.jpg

私には象に見える岩山
f0012718_14305682.jpg

真っ白な雲の間から薄っすら冠雪の富士山が垣間見えました。(よーく見てね)
私の前にいた女性二人連れは、富士山に向かって、頭を垂れ手を合わせて拝んでおられました。
f0012718_1429284.jpg

頂上からの眺めにウットリしている間に、帰りのロープウェイに乗りそこねてしました。
f0012718_1437740.jpg

集合の時間に間に合うか心配しましたが、この紅葉の時期、臨時便を出してくれたので、セーフでした!
(ロープウェイの中からの撮影)
f0012718_14482447.jpg

さーーて、最後は楽しみな温泉でーーす!!\(^O^)/
はとバスさんから、各人にタオルのプレゼント!
案内された「みはらしの丘 みたまの湯」は実に最高でした!
ここをクリック!
丘の上からパノラマ状にゆったりと広がる風景を眺めながらの広い露天風呂。
f0012718_1510184.jpg

大勢のお仲間と「気持ちがいいわねぇ~」と何度言ったことか!

この温泉は関節痛にも効くらしく、温泉から上がって広い畳のお部屋でお茶をしていたら、
正座が出来なかったNさんが、「私、正座ができるようになったわ!」と嬉しそうでした。

恐るべし温泉パワー

帰りのバスでは熱いお茶が配られ、イヤホーンまで配られ、音楽やドラマを楽しむことも出来ました。
旅の疲れは温泉ですっかり癒され、元気を取り戻したのか、
帰りのバスの中、隣のMさんと楽しい会話が弾み、寝るどころか素晴らしく貴重な時を共有しました。

ご一緒できた皆様、お疲れ様でした。ガイドさん、運転手さんありがとうございました。
お土産を受け取って帰る面々。
f0012718_1525209.jpg


みんなは新宿で降りましたが、私は東京駅から帰ることにしました。
その方が近いのもありましたが、新しくなった東京駅の写真が撮りたかったのもあります。
バスの窓から撮った新東京駅舎
f0012718_15385987.jpg

降りてから地下鉄に乗る途中遠くからですが、もう一枚!
(お土産の荷物は持ってるし、もう駅舎に近寄る元気はなし!)
f0012718_1541176.jpg

丸の内の夜は綺麗ですね~♪
f0012718_15443658.jpg

クリスマスもそう遠くはない、これから気忙しくなります。

「はとバスツアー」初めての経験でしたが、お天気にも恵まれ、これで6,660円は安いと思いました。

長々お付き合い下さって、ありがとうございます。


<完> 

[PR]
by bella8 | 2012-10-31 15:53 | ちょっといい話 | Comments(14)


Top
京成バラ園は楽しい♪ (2)
京成バラ園の続きです。バラがいっぱい咲いていたのに、バラ以外のお花が多くてすみません。
夏の頃から咲いていた花ですが、野草の森で楚々と咲いていた姿美しく思わず駆け寄って撮らせて頂きました。
タイワンホトトギス
f0012718_047435.jpg

斑点のある花びらが、ホトトギス(鳥)のおなかにある模様と似ているためこの名前が付いたと言われますが、
このシロバナホトトギスはシミもソバカスもない美白美人のホトトギスです。(笑)

シロバナホトトギス
f0012718_0461028.jpg

そういえば、先日、東御苑で見たホトトギスもホントに美しかった!
私の一番好きなホトトギスの花です。

ヤマホトトギス
f0012718_631495.jpg

よく気をつけて下を見て歩くと、こんなちっちゃくて可愛いお花がグランドカバー状態でたくさん咲いていました。
ハコベホオズキ
しかし、これは帰化植物で繁殖力旺盛過ぎて生態系を壊してしまう理由から、困った雑草部類にはいるとか。
やがて、引きぬかれ焼かれる運命にあるのでしょうか・・・
f0012718_0545697.jpg

前回訪れた時、たくさん咲いていたマメ科の植物ですが、今回は数本しか咲いておらず、
あまり美しくない豆が沢山ぶら下がっていました。
普及していないところを見ると、きっと美味しくないマメなのでしょうね。
クロトラリア
f0012718_0575993.jpg

葉っぱの形がミョウガに似ているからこの名がついただけのようです。
ミョウガはショウガ科でヤブミョウガはツユクサ科に属します。
宝石のような実ですが、当然食べられません。
地下茎をグングン伸ばして繁殖し群生します。

ヤブミョウガ
f0012718_115454.jpg

ヤブはヤブでもこちらのヤブコウジは千両、万両同様に、
お正月の縁起物として寄せ植えの素材に使われます。

落語『寿限無』の中の「やぶらこうじのぶらこうじ」とは本種のことと推察されるとか。
千両、万両に比べるとチビで可愛い~♪

ヤブコウジ
f0012718_18112.jpg

こちらの花は温室で華やかに咲いていました。
色といい形といい何とも凝ったお花ではありませんか!!
スカートのように反り返った部分は萼です。
ぷっくりした紫色の花に長いシベ、グッドデザイン賞を差し上げたいような斬新なデザインです。

フクシア 「貴婦人のイヤリング」「釣浮草」
f0012718_050584.jpg

こんなテラスで午後のティータイムなんて素敵ですね。
バラ園のテラス
f0012718_05261.jpg

春はバラに囲まれていましたが、今の時期はちょっと寂しげかな・・・・

ガゼボ(西洋風あずまや)
f0012718_057638.jpg

矢張り薔薇はいですね~
ピンクの薔薇を見るとウキウキします!♪

薔薇
f0012718_19890.jpg


[PR]
by bella8 | 2012-10-28 07:07 | 京成バラ園 | Comments(4)


Top
京成バラ園は楽しい♪
昨日はカラッとした秋晴れで、洗濯物を干しながら、「そうだ!京成バラ園へ行こう!」と思い立ち、
大急ぎでサンドイッチを作り、デザートに果物も用意して愛車に飛び乗りバラ園に行って来ました。

バラ園にはバラ以外に可愛いお花がいっぱいあっ、楽しいんですよ♪

ブルーエルフィン

この花を初めて見た時は感動しました!
素敵なブルーの蝶のようでしょう。

エルフが 小妖精で、elfinは形容詞で1 小妖精ような.2 ちびで陽気な, おちゃめな;繊細なという意味です。

そんな風に撮れたかしら???

f0012718_8252297.jpg


イヌサフラン 別名:コルチカム

サフランに似ているのでイヌサフランという名がついたとか、しかし、イヌサフランのりん茎(球根)や種子にはコルヒチン(colchicine)という物質が含まれている。花が終わった後、葉が出てくる。これを食用の山菜と間違えて食すると、皮膚の知覚が麻痺したり重症になると呼吸困難で死亡するとか、毒草なんですね。

毒草のようにおどろおどろしく撮ってみました(笑)

f0012718_8494944.jpg


トリカブト(鳥兜) 英名の"monkshood"は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。

この花はバラ園の中にある「野草の森」でひっそり咲いているのを見つけました。

以前、トリカブト殺人事件がありましたね。恐ろしい毒草です。毒に使うときは「ぶす」)と呼ばれるとか。
俗に不美人のことを「ブス」と言うのは、トリカブトの中毒で神経に障害が起き、
顔の表情がおかしくなったのを指したのが語源とか・・・

しかし、暗い森の中で一際目を引く美しいブルーの花でした。

f0012718_931532.jpg


ベンダーとウラナミシジミ

失礼!!お尻から撮っちゃいました(^_^;)

f0012718_96610.jpg

こんな可愛いお顔なんですよ♪(^-^)

f0012718_974733.jpg


そうそう薔薇ですが、秋バラ鑑賞にはちょっと時期を逸したようでしたが、まだまだ美しいバラも咲いていましたよ。

ノヴァーリス

ブルー系の花では一番丈夫で病気にかかりにく品種だそうで、寒さにも強いとか。
名前の由来は「青い花」という小説を書いたドイツの作家の名前だそうです。

f0012718_8163095.jpg

こんな愛らしい薔薇も・・・
f0012718_919297.jpg

おっと!これから教会の祈祷会に出かけます。

機会があったら又見て頂きますね。いってきま~~す!(^_^)/~
[PR]
by bella8 | 2012-10-25 09:22 | 京成バラ園 | Comments(6)


Top
土手の散歩は楽しいな!♪
暑い間、朝のお散歩はなるべく控えていましたが、やっと涼しくなったので、
愛犬「らら」との楽しい思い出がいっぱい詰まった土手をカメラ片手に歩いて来ました。

土手のコスモスは、昨今流行りの栄養たっぷりの立派なコスモスとは異なり、
色も薄く、頼りなげに楚々と咲いている姿に惹かれます。
f0012718_983196.jpg

朝の空気はヒンヤリと新鮮で、ウォーキングする人、走る人、犬の散歩をする人、通勤の人・・・
やっぱり散歩はいいなぁ~♪ ジムでTV見ながら歩くのとはわけが違う!

今日の散歩で是非会いたかったのはこの花、レディー・ガガならぬガガイモです!

f0012718_9293160.jpg


橋の袂で雑草に絡みつきながら可愛くたくさん咲いていました。
このビロードのようなふんわり肉厚の花が魅力的!

茎を切ると白い乳液が出るのもガガイモ科の特徴で「乳草」とも呼ばれています。

f0012718_9323817.jpg

名前の由来は葉がガガ(スッポン)に似ており、大きな果実を芋に見立てたところからついたそうな。
ガガイモは漢字で書くと蘿芋で、「蔓草に成る芋」という意味だそうです。

「日本書紀」にも書かれており、日本で書物に登場する最古の植物なんですって!
そんな昔からのご子孫と知ると感動しますね。

f0012718_9394768.jpg


芋は芋でもこちらはイヌキクイモ (犬菊芋)
菊芋に似ていますが地下に塊茎を持たないことからこの名前がついたとか。
この他キクイモモドキという種類もあり、区別が難しいです。

カメムシの幼虫がひっそりと(でもないか)訪問中でした。(-。-;)

f0012718_1085889.jpg

いやぁ~!秋ですね~~!栗の実ですよ!(^-^)
f0012718_10143533.jpg

更に歩いて行くと・・・久々に・・・ダイサギに出会えました!
獲物を探しながらも、周囲に注意を怠りません。

なんと立ち姿が麗しいこと(惚れ惚れ)♪

f0012718_10271350.jpg

ダイサギの特徴である黒のアイラインがクッキリ!首も長いですね。

f0012718_10282543.jpg

あっ、気づかれたみたい! シャッター音は彼らにとって怪しい音なんでしょうね。ごめんね!
大きな翼を広げて対岸へと飛んでいってしまいました。
f0012718_10305291.jpg

すぐ近くに、今度はアオサギが登場!
こちらのお方にもシャッター音に気づかれてしまいました。

慌てて飛び立つ姿を撮ろうとしたら、D70のシャッターが降りなくなり、FEEのエラーメッセージが!(×_×;)
やれやれ、壊れちゃったのかな!? 
帰宅してからセットアップメニューからいろいろやって、レンズを嵌め直したりしたらスンナリ直りました。

暫く、NIKON銀座店にも行ってないし、今日お昼からでも、メンテナンスに行ってみようと思います。
f0012718_1033558.jpg


やっぱり、散歩は楽しいなぁ~
カメラ片手に歩くと、いろいろな発見があり
鳥や植物と共に今生かされていることが嬉しく、
感謝の気持ちで一杯になるから不思議です♪
[PR]
by bella8 | 2012-10-15 10:43 | お散歩コースの花 | Comments(12)


Top
無料のプロバイダでHPをリニューアル
暑い夏が一気に吹っ飛んで、涼しくなったもんですから、衣替えに大忙しの今日この頃です。

今月21日の日曜日には教会に村上宣道先生をお迎えし、「もし人生をやり直せるなら」と題して、
秋のスペシャル講演会が予定されています。お時間のゆるす方、興味がおありの方は是非、いらして下さい。

村上先生のお話はとにかく楽しい!笑いの中にキラリと光る希望と心の安らぎ・・・時には涙・・・
私が尊敬申し上げ大好きな先生です。

その先生をお迎えにするにあたり、現在教会のHP、ブログ管理のご奉仕をさせて頂いている私は、
一念発起、ホームページビルダーを駆使し、教会のHPをスマホ対応全面リニューアルに挑戦してみました。

ここをクリック!

まだ、これから若い方の意見等も伺いながら、みんなでHPを大切に育て、用いていけたらと思っています。

f0012718_861829.jpg


今回、リニューアルにあたり、無料のプロバイダdigidigiを利用させて頂きました。

広告無し
・CGI/PHP不可
・SSI可(EXEC系を除く)
・.htaccess可
スペース2GB
複数アカウント取得可
・更に「http://好きな名前.com/」のような、「独自ドメイン」が使えます!


何とも太っ腹!いずれ有料になるのかもしれませんが、その時はまた考えるとして、
PDFファイルもアップできるし、使えないCGIは使えるブログとリンクさせればいいし、
まだまだ始まったばかりのHPのご奉仕を通し、大切な福音伝道と共に自分自身も成長できたらいいなぁ~と願っています。

(今日の花:以前に撮ったキツリフネソウ
[PR]
by bella8 | 2012-10-11 08:20 | ちょっといい話 | Comments(5)


Top
秋の野草をしみじみ楽しむ (その2)
秋は花粉症にもならないし一番好きな季節ですが、秋も花粉症に悩まされる方も多いとか・・・お大事に!

前回の礼拝で、『神のなされることは皆その時にかなって美しい。』(伝道の書3章11節という聖書の箇所から、
「すべての業には時がある。災いさえも時にかなっていれば、最善となる」ことを学ばせて頂きました。

カリガネソウ(雁金草)ホカケソウ(帆掛草)とも呼ばれる。
f0012718_81574.jpg

少し引いて見ると・・・ポンポンポンと丸い蕾が可愛い♪ それがパッと咲くと帆掛け舟!
f0012718_9141579.jpg

人間にはその「時」を見極めるのが実に難しい。ずっと、後になって分かることもしばしば・・・
しかし、自然界に生きる植物たちは、誰に教わるでもなく、時にかなった時に花を咲かせ実をつける。

アキノウナギツカミ(秋之鰻掴)
茎に細かいトゲがあるので、ウナギもつかめるとか???
f0012718_7414386.jpg

今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。 まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。』(マタイによる福音書 6章 30節)

ミゾソバ(溝蕎麦)
まだ咲き始めでしょうか、花びらを開いている花は少なかった。 残念!
それにしても、ちっちゃいお花ですがなんてキュートでしょう!

f0012718_8273021.jpg

シロバナサクラタデ(白花桜蓼)
白花といっても薄っすらピンクがかっていて綺麗です。
花びらに見えるのは実は萼だそうです。
f0012718_8353160.jpg

こちらは真っ白! 
よく見ると花粉をつける花柱の長さも数も違うのかな? 花の形、大きさも微妙に違うような・・・面白いですね。
雄株と雌株があるのかしら?不思議です!
f0012718_8381128.jpg

蟻がエッチラオッチラ登ってきたのですね♪
ちゃんと、お花の一杯ついた穂を選んでいるところが流石!!
蟻はシロバナサクラタデ種子を巣内に運び込んだ後に、巣外に搬出し周辺に散布するんですね。ご苦労様!
f0012718_831371.jpg

セセリチョウが吸蜜にやって来ました!
小さなセセリチョウですが、この花には重そう。(笑)
f0012718_923633.jpg

心豊かな午後のひと時、小さな昆虫や、草花にたくさんの元気を頂きました。
ありがとう!♪
[PR]
by bella8 | 2012-10-06 09:24 | 自然教育園 | Comments(4)


Top
土倉 政伸 ヴァイオリン・ミニコンサートに行ってきました
昨日は朝から雨模様でしたが、夕方から浦安にある、オリエンタルホテル東京ベイでのミニコンサートに行って来ました。
コンサートなんて、本当に久しぶりでしたから、この日を楽しみにしていました。

浦安シーサイドライオンズクラブ主催、オリエンタルホテル東京ベイ協賛で、
青少年育成事業チャリティを目的としたヴァイオリンコンサートで演奏者は土倉 政伸さんでした。
ご存知ない方のためにプロフィールをご紹介しますね。

土倉 政伸プロフィール


1970年岡山県倉敷生まれ、4歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋学園大学音楽部卒業、同大学研究科一年次修了。
江藤俊哉、江藤アンジェラ両氏に師事。
小澤征爾氏指揮の大学オーケストラ演奏旅行をはじめ多数の演奏活動に参加。
1994年以降ブリュッセル王立音楽院に留学。
2004年栄誉付きディプロマを得て卒業。

1997年以降、ベルギーバロック室内管弦楽団、ラ・プティット・バンド、Il Fondamento,Collegium Vocal Gent,Il Gardellioのメンバーを歴任。

昨夏はラ・プティット・バンドのメンバーとして来日、東京オペラシティ他で演奏。
現在ベルギー在住、フリーの音楽家として活動。
昨年も浦安シーサイドライオンズクラブ・チャリティーコンサートに出演。





私の友人、Y子さんのお母様と土倉政伸さんのお母様がお友達同士というのと、土倉さんのお母様が私の通う中山教会の近所にお住まいということで、ある祈祷会の朝、コンサートのちらしを持ってこの日のご案内を頂きました。

政伸氏ご自身が私の長男と同い年ということもあり、大いに共感を感じたのと、ヴァイオリンのコンサートに行きたいという思いが実現して心から感謝!!

教会のお友達を次々車でピックアップして会場のホテルに向かいました。
会場まで少し時間がありましたが、ゆったりとしたソファーのあるサロンでワクワクしながら待ちました。
音楽大好きなお仲間たち。90歳の母も嬉しそう♪
f0012718_9201765.jpg


やがて会場となり土倉政伸氏とピアニストの大背戸紀子氏が登場!
お二人の簡単な紹介の後、土倉氏自ら曲目の紹介などがあって、早速演奏が始まりました。

f0012718_9253222.jpg

どの曲も実に実に素晴らしかったです!♪
会場一杯に埋め尽くされた聴衆もうっとりと聴き入りました。
f0012718_9282362.jpg

特にバロックヴァイオリンによる演奏は独特の音色で心に深く染み入りました。
バロックバイオリンと普通のバイオリンとの違いを説明をする土倉氏。
f0012718_934356.jpg

選曲も素晴らしく、楽しかったです!皆さん、大いに満足で大喝采でした!
また、是非、機会があれば土倉さんの演奏会に行きたいと思いました。

そういえば、桐朋学園の大先輩であり師でもある、偉大なる指揮者、小澤征爾氏のお若い頃と面立ちがどこか似ているような・・・??
f0012718_9411654.jpg

f0012718_9415958.jpg

[PR]
by bella8 | 2012-10-04 00:12 | ちょっといい話 | Comments(1)


Top
秋の野草をしみじみ楽しむ

酷暑の長い夏が過ぎて、やっと秋らしくなったかと思うと、
大雨や台風に次々襲われ、
野の花達はどうしていることやらと気を揉んでおりましたが
やっと時間が取れて池袋教室の帰り、目黒の自然教育園に寄ることが出来ました。

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)
f0012718_12344397.jpg

雄しべにきっちり囲まれ、ピュッと飛び出た雌しべが鳥の嘴のようで、
ご機嫌に酔っ払ってワイワイしているヒヨドリのようだというところからこの名前がついたとか・・・
f0012718_12511526.jpg

ヒヨドリジョウゴの花が終わると、こんな美しい実が成ります。
でも、毒草ですから食べないようにしてくださいね。
f0012718_12552187.jpg

今年は遅れていた彼岸花もやっと咲き出し、園内のあちこちにお顔を出してニッコリ微笑んでいるようでした♪
f0012718_12593550.jpg

リコーCX5のコンデジでも彼岸花を一枚!
この辺りは、3月初旬になると、薄紫色の花びらがエレガントなユキワリイチゲで埋め尽くされます。
f0012718_22123952.jpg

秋の風情といえば・・・ススキですねぇ~~♪ 佇まいが侘しい・・・
f0012718_2214530.jpg

シモバシラ(霜柱)がまだいっぱい咲いていました。
咲き終わった花の萼を見るとシソ科の植物だと分かりますね。

シモバシラが生えていたところには、冬になると氷柱ができる。
シモバシラの茎は冬になると枯れてしまうが、根はその後長い間活動を続けるため、
枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。そして、
外気温が氷点下になると、道管内の水が凍って、茎から氷柱ができる。(wikipedia)

f0012718_1393917.jpg

ツリフネソウ(釣船草)が満開でした!
f0012718_1404598.jpg

よーく見ると凝った花ですね~
f0012718_13225256.jpg

横から見ると帆掛け舟を吊り下げたように見えますね。
クルリと巻いた距には蜜が分泌されています。
f0012718_13235930.jpg

こんな綺麗なお顔で「美味しい蜜は如何ですか~?」とやられたら、
マルハナバチなんか喜んで潜りこんじゃいますね(^-^)
f0012718_1328418.jpg

ノハラアザミにはヒメハナバチのお仲間でしょうか、夢中でお食事中でした!(^_^;)
f0012718_13455246.jpg

キンミズヒキ
草むらにまだ咲いていた金水引の花、本当に金色に輝いているようでした♪
f0012718_13554423.jpg

シオカラトンボ
f0012718_1352068.jpg

女郎蜘蛛 (雌)
ようく見ると、脚が一本足りない・・・
みんな一生懸命生きてますね~
がんばれ~!!
f0012718_1355476.jpg


                                   つづく
[PR]
by bella8 | 2012-10-03 14:02 | 自然教育園 | Comments(4)


Top