<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


Top
地域猫と仲良く暮らそう
お散歩コースの途中にある清華園(中山文化村)に立ち寄りました。
f0012718_8525737.jpg

ここは中山法華経寺の参道途中にあり、近所の人達にとって憩いのスポットになっています。
f0012718_8585778.jpg

四季折々の花が楽しめるこの庭園ですが、この日はこんなシーンに出会えました。
f0012718_8481853.jpg

あっちから、こっちから次々と猫が集まってきます。

どの猫にも名前がついていて、管理をしておられる女性が「ほら、せいこちゃん、おいで!」と呼びかけたりしています。

呼ばれたせいこちゃん。

f0012718_962996.jpg

丸々太ったこちらの猫は、脇目も振らず一心不乱にお食事中です。

この猫ちゃんの左耳をよく見ると、「V」にカットされています。
これは去勢手術をする際、全身麻酔を施されている間にカットして「去勢済み」の目印になっています。
ピアスしている猫もあるとか・・・(オス猫は外見からも分かりますが、メス猫は開腹手術してわかるそうです。)

管理なさっている女性は、結構いいものを食べさせて、健康管理に気を使っているとのことでした。

f0012718_974360.jpg

これらの猫に共通していることは首輪をしていないことです。
しかし、野良猫さんではありません。地域猫というそうです。

f0012718_12154482.jpg


地域猫とは、特定の所有者(飼い主)がいない猫で、
かつその猫が住みつく地域の猫好きな複数の住民たちの協力によって
世話され、管理されている猫のこと。


この中には、特定個人や不特定多数によって、ただ給餌されるだけの猫は含まれない。
特定個人によってのみ給餌されるだけの猫は当該個人の飼い猫であり、
特定個人に養われていない(管理責任を持つ者がいない)猫は野良猫である

地域猫管理のルール

f0012718_925225.jpg

簡易型の塒(ねぐら)の設置、糞などの排泄物の処理や周辺環境の掃除、本来飼い主が受けるべき苦情の処理や、野良猫が繁殖しないように去勢手術を行って身体の特定の箇所に目印をつけられるなどの管理・保護がなされているため、法律上管理責任者が存在しない野良猫とは区別される

・不快感を催させるほどに増えないよう不妊・去勢手術を行う

・健康管理を行って伝染病や寄生虫の蔓延を防ぐ

・公共の場所や他人の敷地に放置された糞を、ネコを世話する側が掃除する

・入って来てほしくない場所には侵入防止用の措置を行う

・個体の把握と管理のため、管理されたネコには耳先カットや首輪・ピアスといった目印をつける

・餌を与える場所を定め、給餌行為で他人に迷惑を掛けないよう配慮する

          (wikipedia出典)


こうして優しい心で地域の猫を管理なさっているNPOねこだすけの愛に支えられて生きる地域猫たち。
名前を呼ばれるとやって来ます。

どの市も経済的に余裕がなく、地域猫支援の予算は少ないらしく、
避妊手術、餌代などは募金に頼っている状態だそうです。

f0012718_9463665.jpg

確かに、可哀想だからと、ただ、餌を与えるだけで、管理しなければ野良猫を増やすばかりで無責任です。

猫の侵入を嫌う人達や、地域猫迫害に至らせないようにするための対策など、
命あるものを大切にする動物愛護の面からも、責任の所在を「NPOねこだすけ」に丸投げするのではなく、
学校での教育も大切、市や地域の人達と知恵を出しあって、猫との心地良い共存を持続していきたいものです。

以前、BSプレミアムで「岩合光昭の世界ネコ歩き」で、イスタンブール編、エーゲ海編を見ました。
どちらかと言うと貧しい生活の人達が同じ地域で生きる猫にチャーミングな名前をつけ、
みんなが家族のように思い、にこやかに暮らしている。
なんと大らかで心豊かな光景だろう!と映像を通して思わされました。

猫はなにも悪くない!

避妊手術もしないで飼った挙句、

こっそり捨て猫する人の罪は大きい!


この地球は人間だけのものではないのです!

今日もこの寒さの中、地域猫達はどこかで暖をとっているのでしょう・・・逞しく生きよう!地域猫たち!

海外の動物愛護活動から学ぶサイトはここをクリック!
[PR]
by bella8 | 2013-01-28 10:56 | ちょっといい話 | Comments(4)


Top
1月の花と野鳥
寒い日が続いています。
まだ日陰は先日の大雪の雪が溶けないまま凍りついています。

しかし、今日は久しぶりにスカッと晴れ渡ったので、ジムに行く途中でしたが、
車から降り、カメラ片手にバードウォッチングを楽しみました。

大好きなロウバイ(蝋梅)の花が青空を背景にほんのり甘い香りを放っていました。
f0012718_2262047.jpg

見れば見るほど蝋細工のよう
f0012718_227282.jpg

トウネズミモチ(唐鼠黐)の木にメジロがやって来ました!
f0012718_21451428.jpg

赤い美味しい実もなくなるこの時期、あまり美味しそうに見えないこの実で飢えをしのいでいるのでしょうか・・・
ネズミモチって、実の形がネズミの糞に似ているかところからこの名がついたとか・・・いかにも不味そうですね。
f0012718_22141089.jpg

トウネズミモチの実も残り少なくなって来ました。
「早く梅の花とか咲かないかなぁ~」と思っているに違いない。
f0012718_22235146.jpg

思いはヒヨドリだって同じでしょう。
なんだか、つまらなそう!
f0012718_22355345.jpg

こちらのヒヨドリさんも・・・
f0012718_22364917.jpg

木の茂みに飛んでやってきた♂キジバト
どうも、プロポーズにやって来たみたいなんですけど、♀から「フーッ!」とか言って、蹴飛ばされていました。
まさか、ネズミモチを咥えてプロポーズしたんじゃないでしょうね!(^_^;)
f0012718_22475726.jpg

追っ払った後、バカにしないでよ!といった顔つきのキジバト
f0012718_22525663.jpg

突然、散歩している奥さんの一人が、「あっ!カワセミ! ほら、見えるでしょ、あそこ、あそこ!」と指さされ、
とりあえず、シャッターを切ったら、標準レンズだったのでこの程度にしか写っていませんでした。(ヘ;_ _)ヘ 
f0012718_22292984.jpg

青空高く、飛行機が羽田から飛び立っていったようです。
これが問題を起こした全日空ボーイング787と同機種でしょうか?
f0012718_23135229.jpg

干潟にどこからやってきたのでしょう!?
頭から顔、首は黒い 額・嘴が白いオオバンです!
ど~~も~」と言ってるかのように、愛想よく通り過ぎて行きました。
珍しい鳥に出会えましたよ♪V(^-^)
f0012718_2320752.jpg

ツバキの花が残雪を背景に美しく咲いていました。
f0012718_23373578.jpg

短い時間でしたが、心あらわれる楽しい午後のひと時でした。
[PR]
by bella8 | 2013-01-24 23:32 | 可愛い生きものたち | Comments(10)


Top
残雪の朝、散歩で出会った美しいいきもの
今朝は今年一番の寒さだったんじゃない?!普通の毛糸の手袋では手が悴みました。
しかし、散歩道の山茶花はこの寒さの中、ギザギザ葉っぱの間からそっと外を覗きこむように、
ハッとするような魅力をたたえて咲いていました。

山茶花ってこんなに色っぽい花でしたっけ?
キーンと冷えきった空気も、この花の周りだけはホッコリ!♪
f0012718_23161746.jpg

この寒さの中まだ、雪が残っています。
f0012718_0141456.jpg

ムクドリは雪の中から何か美味しいものを見つけたのでしょうか。
f0012718_0153560.jpg

私のシャッター音に驚いたのか、「てーへんだ!逃げろっ!」とばかりに近くの木に移動!
こっちがビックリしましたよ~~!
f0012718_121656.jpg

このモズ(百舌鳥)の目がなーんか好きです♪(^-^)♪
昔からモズは「鷹になれなかったスズメ」の異名をもつだけあって、
からだはチビでも嘴鋭く、猛禽類の威嚇が漂っています。
ジッとこの姿勢で獲物を狙っているようです。
f0012718_020028.jpg

そして、いざ出陣!とばかりにシャッターも追いつかない猛スピードで飛んでいってしまいました。
その姿は鳥というより、獲物を追いかけるヒョウのよう。
f0012718_12133123.jpg

そんな狩猟の世界とは関係なく、陽だまりを見つけてノホホ~~ンと昼寝をしているノラちゃん。
地域の人達から餌を貰っているのか、ふっくら太って幸せそう♪
f0012718_12213872.jpg

先日の大雪は我々人間ばかりじゃなく植物も動物も鳥達も驚いたことでしょう。
でも、こうして目まぐるしく変化する自然環境に合わせながら逞しく生きている姿に励まされ、癒されます。

帰りに、こんな美味しそうな木の実を発見!
何の実でしょう・・・形がのようで美味しそう♪
鳥達が食べやすいように自ら割れて「はいどうぞ!」♪

f0012718_12364086.jpg

[PR]
by bella8 | 2013-01-19 12:41 | お散歩コースの花 | Comments(8)


Top
感謝に満ちた一日でした!
ブログの更新を怠っている間に、一月も半ばになってしまいました。
昨日、前日の大雪で道路は雪で凍りついていましたが、電車は動いているので池袋のお教室に行けました。

電車の窓から見る風景も朝陽に雪が白く輝き、いつもと違った新鮮な感じ♪
スカイツリーは落雪事故に備え、大勢の警備員を配置し、厳戒態勢をとっているいという。
東西線の窓から撮影
f0012718_894693.jpg

池袋の駅から12,3分歩くのですが、雪かきをしている道は少なく、ゆっくり注意深く歩くので15分位かかりました。
ヤシの木の下で雪に覆われた車。
f0012718_8234948.jpg

案の定、お教室はいつもの半分位の出席率でした。
朝、母から電話があり、母の所で毎第三火曜日に開かれる家庭集会は中止にしたという判断は良かったと思う。
年配者が多い家庭集会、転んだりしたらたいへんですからね。
いつもは、駆け足で帰宅し、家庭集会に出席するのですが、この日はお友達と池袋でゆっくりお食事、デパートで買い物までして帰宅、家には入らず、駐車場の車に荷物を入れて、1時間ほど雪かきをしました。
日頃、鉄アレイで筋トレしているせいか、筋肉痛にもならず楽勝♪(^-^)♪

夢中で雪かきしている間、携帯に妹達から電話が何本か入っていた。
彼女たちは、家庭集会中止にも拘らず、電車を乗り継ぎ、母の所に来ていました。

その理由は・・・・

f0012718_849513.jpg

昔、父が3人の娘にアメリカからお土産に買ってきた思い出の人形を母が8号の絵に描いたのです。
このことは以前、このブログで書いたことがありますので、ここをクリックして見てください。

母はこの絵を描きながら、優しかった父の思い出がよみがえり、何度も涙を流し、何度も止めてしまおうと思ったそうです。 やっとの思いで描き上げ、額に入れて飾ったので、どうしても娘たちに見て欲しかったのでしょう。
家庭集会中止を残念がった母を想い、妹達がやって来たわけです。

母の描いたお人形は西洋人というより日本人っぽい、それもどこか娘の誰かに似ているから不思議です。

90歳を過ぎても絵筆を持って一生懸命描き上げた母に乾杯!

妹達が愛情を込めて準備してくれたお夕食を共にしながら、父の「思い出話」で盛り上がりました!♪

(因みに、テーブルセンターは鳥好きの母を思って、長男のお嫁ちゃんがXmasプレゼントに贈ってくれたもの)

妹のK子が言うように、カンパチの刺身は食べる寸前に切ること!プリップリで美味しい。
妹のR子が言うように、カキフライは小麦粉をまぶしてから洗うと揚げても縮まない。なるほどね~♪
三姉妹の話題は盛り沢山で、実に楽しい!♪♪♪

f0012718_9121481.jpg

3人で後片付けすれば、あっと言う間!その間も楽しいお喋り♪♪♪
せめてデザート位と、私の焼いた2種類のアップルケーキと果物でシメにして、お開きとなりました。
f0012718_9392769.jpg

なんと感謝に満ちた一日だったことでしょう!
神様、ありがとうございます!
母を囲んでこんな楽しい時が今年、何度も持てますように・・・
母の健康を、脚をお守りください、そして支える私達と優しい家族も守り導いてください。

※ 妹R子も同じ記事を書いています。よかったら、ここからどうぞ!
[PR]
by bella8 | 2013-01-16 09:38 | ちょっといい話 | Comments(4)


Top
辛子蓮根の思い出
f0012718_15305155.jpg

2013年が皆様にとって良き一年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

f0012718_1624913.png

今年は孫達の帰国もないし、のんびり寝正月を決め込んでおりましたが、
矢張り、お正月を迎えるにあたり、母はお得意の「黒豆」を、私は煮物など簡単ながら準備しました。
その中で忘れちゃいけないのが先祖伝来の「辛子蓮根」!今年も本数を減らして作りました。

f0012718_15441394.jpg


父方の先祖が熊本で、何故か年末になると、日頃台所に立たない父が陣頭指揮をとり、
この辛子レンコンをたくさん作っては新年ご挨拶にみえるお客様に供したり、親戚に配ったり・・・
作り方その他はwikipediaに出ていますからご参照あれ。

辛子の溶き具合、西京味噌との割り合い、レンコンの茹で具合、天ぷらにあげる時、ころもの具合など、
その家によって微妙に違います。今年は急いで作ったのでちょっと味噌が柔らか過ぎたかな?

これはお酒の肴としてはなかなか評判がいいようで、毎年作ります。

この味噌を押し込んで行く作業が結構大変で、一家総出で手伝わされるのです。
夫もこの辛子レンコンは父から伝授され、アメリカ駐在の時でさえ向こうで作ったものです。

黒豆も先祖代々曾祖母の味を祖母が、そして母が引き継ぎ、舌で覚えた味を継承していくのです。
御節料理にはそのような今は亡き大切な人たちの思いを味わい、懐かしむものかもしれません。

さぁて、ぼちぼち妹一家がやって来る頃です。
質素ながら心のこもった御節料理をつまみながら、また辛子蓮根の思い出で花が咲くことでしょう!!
[PR]
by bella8 | 2013-01-01 16:16 | ちょっといい話 | Comments(16)


Top