タグ:NY ( 6 ) タグの人気記事


Top
NY滞在記(15) 完結編
どんな楽しい旅にも終りがやって来ます。
お別れの日を思うと涙が溢れそうになりました。
優しいお嫁ちゃんも同じことを言ってくれました。

思えば、2年前、お墓参りを終えた後の食事会で、親戚を前に一人ひとり挨拶をする時、
三兄弟の二男Yは「僕達ニューヨークに行くことになりました・・・」と言った途端、ベソをかいてしまいました。
それを見た隣のカイちゃんまでがベソをかき、パパに抱きついて泣いていました。

仲のいい日本の友達、大好きなおじいちゃん、おばあちゃん、従兄弟達に叔父さん、叔母さん、
みんなと別れ言葉も解らない国に行くことは、子供たちにとってどんなにか不安だったことでしょう。
それはパパもママも少なからず同じ心配を抱えていたに違いありません。

今回、そんな彼らが日本から遠く離れた異国で、生き生きと明るく過ごしているのを見て安心しました。

いつも神様が共にいてくださり、J子さんはじめ、いろいろなを通し助けてくださっていると心底感じました。


今回、アメリカならではの美味しいお料理もたくさんご馳走になりました。
写真を撮り忘れることも多かったのですが、その一部をご紹介しますね。

f0012718_9262072.jpg

出発の日、息子は時差3時間あるLAから早朝帰宅し、少し仮眠をとって、
9時過ぎに私をJFK空港に送り、自分は再び別の空港、ラガーディア空港より出張に向かうとのことでした。

あたふたと車に乗り込む際、お嫁ちゃんや孫達と目を合わすと泣きそうで、
「元気でねぇ~、いろいろありがとう!またねぇ~~!」だけ言うのが精一杯でした。

何かと忙しい息子やお嫁ちゃんの身体を案じました。 
別れ際、息子が「遠いところを来てくれてありがとう!」と言って、ハグしてくれた時、
大きな厚い胸板に、自分が小さな雛になったようで、大きくなった息子の懐に深い安堵感を覚えました。

そして手を振りながら、心の中で、「家族仲良く、助けあってね!」と思ったら、
ずっと我慢していた涙が溢れてきました!

時間はたっぷりあったので、空港内の免税店を巡ったり、コーヒーを飲みながら外をボンヤリ眺めていました。
楽しい日々が、まるで夢の出来事のように思えると同時に、自分の巣に戻れる喜びもありました。
f0012718_10143768.jpg

帰りの飛行機は幾分空いていて、三席独り占めの席に替えてもらってぐっすり眠ることが出来ました。

機内アナウンスに起こされ、窓を開けると千葉のゴルフ場が目に飛び込んできました。\(^O^)/ ワ~イ
f0012718_10293045.jpg


荷物は翌朝「ABC空港宅配」にて届けられました。
ずっしりと重い荷物を開けると、あれっ!?封筒が・・・
開けてみると、お嫁ちゃんからの心温まるカードとプレゼントが入っていました。
作りかけだった、ネックレスを玄関脇にあるアトリエで見てはいたのですが、
忙しいのに、きっと、寝る間を惜しんで作り上げてくれたのでしょう・・・"(ノ_・、)" 

f0012718_10451444.jpg


ここがそのアトリエ↓ 
f0012718_10382328.jpg

そうそう、忘れちゃいけない、「七夕」の日には、こうして母の描いた絵を飾ってくれていました。
異国にあっても日本の行事をちゃんと忘れないで守っています。

f0012718_10403165.jpg

他にもカイちゃんがサマーキャンプで作ったクラフトもプレゼントしてくれました。
これは、今年のクリスマスオーナメントとして一番目立つところに飾りましょう。

f0012718_10495478.jpg

二男のYからは自分で描いたカードを貰いました。

f0012718_10524137.jpg

そして、J子さんからは、ティファニーのマグカップです。
出発の前日、お忙しいのにわざわざ届けに来てくださいました。
ニューヨークの観光スポットとティファニーのコバルトブルーのプレゼント用ボックスに白いリボンも描かれています。
早速、毎朝使わせて頂いています。

f0012718_10564414.jpg


長い長いNY滞在記、お付き合い頂きました大勢の方々には心からお礼申し上げます。
今回の旅行で、たくさんの「愛」を頂いて帰ってまいりました。

現実の生活は辛く厳しい面もたくさんありますが、こうして皆から頂いた「愛」を支えに笑顔で乗り切っていきたいと思っています。

最後に、心を込めて「楽しい思い出をありがとう!」
[PR]
by bella8 | 2011-08-03 11:07 | ニューヨーク


Top
NY滞在記(14) 三兄弟の夏休み
いよいよ、NY滞在記も終わりに近づきました。
16日間、三兄弟と共に過ごして、ただの一度も喧嘩を見なかった大の仲良し三兄弟です。

テレビはニュースとスポーツ、ハリーポッターのDVDを時間を決めて見せてもらってる位の三兄弟でしたが、
充実した夏休みを過ごせたと思います。

私が帰った二日後、日本に居る時から兄弟のように仲のいい従兄弟一家5人がやって来て、また2週間ワイワイと賑やかに過ごしたそうです♪
矢張り、その時も子供たち6人一度も喧嘩をしなかったそうです。

そんな仲良し三兄弟の夏休みも、お兄ちゃんたち2人が2日から5泊6日の剣道合宿を最後に、8日には日本人学校の始業式が待っています。

三兄弟、来年の夏休みは更に皆逞しく成長してくれていることでしょう。

以下、私と過ごした「三兄弟思い出のアルバム」です。

三兄弟のお向えに住む、日本人の奥様は一人っ子さんの遊び相手にこうしてご自宅のプールにお友達を誘ってくださいます。プールは維持費がかかるので大変だと思うのですが、子供たちは大喜びです!♪

f0012718_11505959.jpg


日曜日には家族で近くのカソリック教会に行きます。
英語のミサは子供たちにはまだ退屈だと思うのですが、キチンと静かに聞いています。
私も知っている賛美歌が何曲があったので、しっかり歌ってきました~060.gif
そして、夜パパがメッセージの内容を子供たちにやさしく解るよう聞かせてくれます。

f0012718_11595111.jpg


滞在中、図書館には何度か通いました。
子供も大人も図書館を大いに利用しています。
蔵書の数もさることながら、DVDやCDの数も半端無く揃えてありました。

我が家から近い市川の図書館も立派ですが、こちらの図書館の椅子には負けるなぁ~

f0012718_1272291.jpg


夏休みの宿題は出来上がったでしょうか・・・
自分の勉強机でやるより、こうして一緒に勉強する方が楽しいみたいで、すぐ食卓テーブにに集まってきます。
ここには写っていませんが、カイちゃんも仲間に入って勉強したがりますが、ママのヘルプが必要なので、
お台所のテーブルで、日本語のお勉強や算数の文章問題にチャレンジしていました。(カイちゃん可愛い過ぎ!ガンバレ!)

私も、孫達と一緒に楽しくお勉強させてもらいました。いい思い出です!

お兄ちゃんたちの英語の宿題はかなり難しく、よく投げ出さないで頑張ってると感心しました。

f0012718_12212238.jpg

[PR]
by bella8 | 2011-08-01 12:35 | ニューヨーク


Top
NY滞在記(12) キャッツキル山地をトレッキング(後編)
the Catskill Mountains の続きです。
お昼ごはんを食べて元気になったところで、再び歩きはじめました。すると・・・
突然、こんなナイス・ビューが目の前に広がってきました!
私は高所恐怖症ではないと思っていましたが、ここまで出るのが精一杯です!
f0012718_8263348.jpg

次々と順番に記念写真を撮って貰いました。 カイちゃんのなんと男らしいこと!
f0012718_828418.jpg

どこかのサスペンスドラマに出てきそうな断崖絶壁の前で何を語るか団子三兄弟。
f0012718_8303437.jpg

イェ~~イ! お兄ちゃんたち顔は笑ってますが・・・・大丈夫?^^;
f0012718_8323474.jpg

歩いている時に出会ったお花・・・さり気無くて綺麗でした。まだまだいろいろ咲いていましたよ♪
f0012718_943048.jpg

登りはブルーリボンのルートを辿って行きましたが、降りは赤いリボンのルートを辿りました。
f0012718_9481163.jpg

どこかで水の音が聞こえてきます。
f0012718_9494944.jpg

冷たくて美味しい岩清水をペットボトルに入れています。
f0012718_9501448.jpg

こんな所で優雅に絵を描いているお爺さんとカイちゃん
f0012718_9542168.jpg

こんな滝がいくつもあります。

この山地からたくさん小川がハドソン川の中流とその支流のモホーク川、およびデラウェア川に流れ込んでおり、これらの小川に作られた貯水池からキャッツキル導水路とデラウェア導水路(Delaware Aqueduct)が引かれていて、ニューヨーク市の人々の主要な水源になっている。(wikipedia 参照)
f0012718_9574269.jpg

これは毒キノコでしょうか?
f0012718_956567.jpg

やがて、下におりてくると、森の中のキャンプ場が見えてきました。
湖の畔で釣りしたりキャンプしたら楽しいでしょうね。
息子一家は前回、秋に来たそうですが、紅葉が素晴らしかったそうです。
ここはNYのオアシスですね。水も空気も何もかもが新鮮そのものです。
f0012718_10473993.jpg

湖の畔で、大人たちは暫くのんびり、まったり~~
子供たちは、薄べったい小さな石を見つけて、水の上を、トン、トン、トン、ト~~ン!とバウンドさせるゲームをしていました。
f0012718_10502121.jpg

わぁ~!何処からかBlack Swanの一種でしょうか・・・静々と前を横切って行きました
f0012718_1052782.jpg

Catskillなんて物騒な名前がついていますが、Fishkillという所もあります。
「Kill」は水路とか小川、川という別な意味もあり、主に地名の一部として使われてるそうです。
ここを孫たちと訪れ、一日過ごした楽しい思い出は、生涯の宝物になりそうです。

f0012718_1181872.jpg

[PR]
by bella8 | 2011-07-27 11:15 |


Top
NY滞在記(11) キャッツキル山地をトレッキング(前編)
NYのマンハッタンもいいけれど、美しい山並みと素晴らしい眺めのキャツキルパーク(Catskill Park) は素晴らしい所でした。
キャッツキル山地はニューヨーク州中部にあるゆるやかな山地で、最高峰はスライド山(標高1,274m)になっています。
自然にあふれた地域で、ニューヨーク市民だけでなく、アップステート・ニューヨークに住む人々の保養地になっています。
f0012718_14363793.jpg

朝、7時に家を出て、途中、ダイナーでパンケーキなどの朝食をとり、山へと向かいました。
朝の空気はヒンヤリしていますが、素晴らしいお天気になりました。
f0012718_14455538.jpg

道路も空いていてルンルンです♪ 思ったより早く現地に着いてしまいました。お蔭で駐車場はガラガラでした。
f0012718_14475324.jpg

f0012718_1452450.jpg

滝があちらこちらに見られます。
f0012718_1524632.jpg

かなり急な傾斜もあります。
f0012718_15203975.jpg

鎌倉の山育ちのカイちゃんは、先頭を切ってスイスイ登っていきます。
f0012718_15123434.jpg


バーバも頑張りました!
幸いにも、日頃からジムで足腰を鍛えていたので、なんとか筋肉痛にもならずに済みましたよ(^-^)
f0012718_15275157.jpg

あぁ~お腹が空いた! by かいちゃん
それでは、ランチの前に記念写真を撮りましょう。
f0012718_15265295.jpg

山ではやっぱり、オニギリだね~♪
ママは、早起きしてこんなにたくさん作ってくれました。
ブロッコリー、カリフラワーとソーセージのオリーブオイル炒め、ゆで卵、三種類のオニギリ。
美味しかったわ~~!
f0012718_15364582.jpg

ここは四季折々素晴らしい風景が楽しめるそうです。
冬は、日帰りでスキーを楽しむ人も多いとか。
f0012718_15473822.jpg

午後は断崖絶壁のスポットを通って今来た道とは違ったルートで山を降りていきます。(^-^)
[PR]
by bella8 | 2011-07-25 15:49 |


Top
NY滞在記(3) サマーキャンプと日本人学校を訪問
さて、忙しい一日の始まりです!
朝ごはんはベーグルパンに粒マスタードを塗り、ターキーのハム、スライスに切ったチーズ、トマト、レタス等を自分で挟み、少しオリーブオイルを垂らしたサンドイッチにコーヒーでした。美味であった!

日本からお兄ちゃんたちのお弁当箱を頼まれていたので、東急ハンズで買った新しいお弁当箱に、今日のランチが詰め込まれています。チキンにきんぴらごぼう、大根とキュウリの酢の物でしょうか・・・美味しそう~~!

f0012718_3145874.jpg

お兄ちゃんたちは近くのスクールバス乗り場まで、ママが車で送っていきます。
f0012718_31944100.jpg

朝ごはんの片付けをしたり、家中の掃除機をかけたりして、甲斐甲斐しく働くワ・タ・シ!(^-^)
ママは大洗濯を干したりで大忙し!
かいちゃんは制服の黄色いTシャツに着替え、10時過ぎには皆の集まるキャンプ地へと向かいました。

そこは、関係者以外立ち入り禁止で、たとえ親でも許可証を提示しなくてはなりません。
全員白人の中にいる、かいちゃん!毎日海で泳ぎ、遊んだり、クラフトを作ったりして午後2時頃また、迎えに行きます。
かいちゃんはこの9月から現地校の1年生になります。
f0012718_3265096.jpg

さて、かいちゃんを送った後、近くのお店に寄ってお買い物。
美味しいパン屋さんでベーグルやら、いくつかケーキも買いました。
f0012718_3335041.jpg

スーパーにも寄って食料品をどっさり買い、今晩はグランマがお料理することになりました。
f0012718_3403973.jpg

食料品を冷蔵庫などに収めた後、お庭でお嫁ちゃんとホッと一息、ティータイム!
f0012718_3425344.jpg

今日は午後、スクールバスを使わず、お迎えに行くことにしているので、
その前にかいちゃんをサマーキャンプに迎えに行き、3人で昼食をダイナーで頂くことにしました。
とても美味しかったのですが、全部は食べきれなかったので、ドギーバッグに入れてもらいました。

f0012718_351574.jpg

そこから、さほど遠くない所に日本人学校がありました。
なんと素晴らしい校舎でしょう!
f0012718_3574778.jpg

f0012718_49892.jpg

f0012718_493163.jpg

建物は殆どハリーポッターの世界です。
f0012718_410637.jpg

下校する子供たちの声が聞こえてきました
f0012718_4102755.jpg

広々とした芝生の校庭
f0012718_4132914.jpg

ボール遊びをする3兄弟
f0012718_416461.jpg

この学校は中学3年生までです。
今日で卒業し、それぞれの道に分かれて行く生徒たちとその父兄達が先生といつまでも名残りを惜しんでいました。
f0012718_4252439.jpg

青蛙を発見!
f0012718_426146.jpg

明日からいよいよ夏休みが始まります。
記念写真を一枚!この日はグランマにとっても大切な思い出の一つです。
f0012718_427663.jpg


帰りの車の中で、ドギーバッグのランチ残りは、お兄ちゃんたちによって完食されたのは、言うまでもありません♪
[PR]
by bella8 | 2011-07-17 04:35 | ニューヨーク


Top
NY滞在記(1)
6月末からNYへ、半月の旅を終え一昨日の夕方無事日本へ戻ってまいりました。
その間、多くの方がブログを訪問してくださっているにも拘わらず、更新できなくてごめんなさい。
PC持参で行ったのですが、メールをチェックするのが精一杯で、後は折角与えられた貴重な時を、
この時ならではの過ごし方を優先し、思いっきりあちらでの生活を楽しんできました。

今回は一人旅行ということで、今では常識になっているEチケットを格安航空切符アルキカタ・ドット・コムで購入し、便利さと割安感を味わってきました。

但し、忘れてはいけないものは、①パスポート、②Eチケットの「旅程番号」③滞在先の住所、電話番号
(成田では 銀行のタッチパネルのような画面にいちいち入力する必要がありましたが、帰りのNYケネディ空港ではもっと簡単でした。)

東京経由でマニラから出ているデルタ航空を使ったので、日本人は比較的少なかったのですが、行きは三人席右側の女性はフィリピン政府関係の中年女性、左側はオーストラリアの銀行で働インドネシア人の若い女性でした。
結構気があって、お食事の時等は三人楽しくお喋りしながら12時間の長旅を退屈することなく過ごすことが出来ました。

エコノミー席のお食事にしてはお肉も柔らかく美味しかった。
どれもハズレがなく、両脇の女性は完食!
私には少し量が多すぎたかな・・・?

なんか次々食事やらおやつやら飲み物が運ばれてきますので、考えて頂かないと、苦しくなりますぞ。(^^ゞ

f0012718_3211693.jpg

焼きそばは日本人だけじゃなく受けるんですね~
f0012718_3214394.jpg

しかし、機内の空調が効きすぎて寒かった~~!

NYケネディ空港に着き、まず驚いたのが入国手続きをする長蛇の列!どこが先頭か分からないくらいの混雑!
結局、そこで1時間半はかかったでしょうか・・・出迎えに来てくれている息子に申し訳ないと思いケータイしても、
生憎そこは圏外!やっと、出口から出たところで息子に会えると思いきや、いなーーーい!

ケータイしても留守番電話になっている!日本では無料で使える荷物を運ぶカートも5ドルかかるという。
どうしたものかと途方に暮れていると、向こうから電話が入り、三連休前の道路混雑にはまり遅れたのだとか、そこからダンキンドーナツが見えるかと言われ、目と鼻の先のダンキンドーナツを見ると、息子がケータイしている姿が見えて、ホッとしました。(^-^)

三連休前とあって車は混雑していましたが、息子から景色の説明を受けながらのドライブは楽しいものでした。

f0012718_118295.jpg

住居はニューヨークからコネティカット州に入って割り合いすぐの所で緑に包まれた静かで美しい住宅地でした。

f0012718_0392044.jpg


アメリカはサマータイムになっていますが、いつまでも明るく、家の軒先に雛を育てる親鳥の姿が見えました。
f0012718_0542665.jpg

どこの家の庭にもノカンゾウの花がさりげなく咲いているのが印象的でした。

f0012718_0555371.jpg

スカイプでは会っていても実際に見る孫たちはそれぞれ大きく成長していました。

その晩は日本からのお土産を披露し、ワイワイと夜遅くまで楽しい語らいが続きました。
翌日は、三男坊かいちゃんのサマーキャンプとお兄ちゃんたちが通うNY日本人学校を見に行くことを約束して長い長い第一日目を終えました。
[PR]
by bella8 | 2011-07-17 01:11 | ニューヨーク


Top